事業概要

帝人グループ、双日グループ、通信キャリアなど大手企業のICT化に対応したシステム構築・保守運用サービスを行っています。顧客企業との長い信頼関係に基づき、ICTの専門家としての立場から、お客様それぞれの業務プロセスに対応したシステム構築やソリューションを提供しています。近年では、メーカーのプロダクトに当社のICT技術を組み込んだIoTプロダクトを共同開発するなど、様々な企業との共創により、新しいイノベーションの創出に貢献しています。

エンタープライズ事業本部 
本部長

 

金子 高志 
Takashi Kaneko

私たちの強み

私どもの特徴は、帝人グループ、双日グループを始めとした大手企業を中心に、長い関係性を構築していることです。それゆえに毎年、大小さまざまなプロジェクトをお任せ頂いています。システム構築を進める上で我々の強みは、それぞれのお客様の業界事情や商習慣を理解した上で、きめ細かく対応したサービスやソリューションを提供できることです。お客様からの高い評価を頂く要因です。様々なシステムのQCDR(※)の改善や革新業務を通して、社員は幅広い専門性とマネジメント能力を磨く機会を経験でき、キャリアの成長を実感できます。

 

※QCDR:Quality(品質)、Cost(原価)、Delivery(納期)、Risk(危険)の頭文字。品質の維持、向上を行う際に重要な事柄。

今後の展望

一つは継続性です。我々が目指すのは、お客様との長く深いお付き合いをベースに、これまでの知見を活かしより質の高い、より顧客満足度の高いソリューションサービスを提供することでお客様の成長をサポートしていくことです。もう一つは新たな価値の創出です。例えば帝人との共同開発である「スマート防護服」に代表されるように、お客様が開発した商品と我々のIT技術を組み合わせた新製品サービスを共同開発しています。IoTやAIといった最新のIT技術を活かし、多彩な技術や専門性を持った協力企業との共創をより一層進めていきたいと考えています。

求める人財

エンタープライズ事業の業務は決して目立つ仕事とは言えません。企業のIT化を影からサポートするいわゆる黒子の存在です。我々はお客様にとって最善のITパートナーとしてのプライドを持ち、ともに成長することに喜びを見出せる人財を求めています。技術的なことでいえば、専門性よりも立ち上がりの早さや挑戦する気概が重要です。日進月歩なIT業界では、新たな技術に臆せず取り組む姿勢は大きな力になります。人間的な資質でも同様です。初めて会う人でも臆せず話をすることができれば、非常に学びの多い環境です。ぜひそのような気概を持って挑戦して欲しいと思います。