基本的な考え方

インフォコムグループは、「ICT の進化を通じて社会のイノベーションに貢献する。」 という企業理念の実現に向け、「グループ経営方針」に「コンプライアンスを規範とした経営を行う」と定めるとともに、 「グループ社員行動指針」に「倫理優先」を第一の指針として謳っています。
これらの方針のもと、日々の業務を遂行する上での判断や行動の拠り所となる基本的な考え方を「グループ企業行動規範」に、実践にあたって注意すべき具体的なポイントなどを「グループ企業行動基準」として定め、インフォコムグループの企業倫理体系としています。

コンプライアンス教育・研修

毎年10月を企業倫理月間と定め、倫理意識を高めるため、業務拠点毎のCSRO講話や組織単位で行う全員研修など様々な取り組みを実施しています。CSR、コンプライアンス、ハラスメントなどについての理解をより深め、高い倫理観をもって業務に従事しています。
また、定期的にe-ラーニングの受講を行うなど業務で必要な知識の習得を目指しています。

内部通報制度

インフォコムグループに勤務する役職員等からの組織的又は個人的な法令違反行為等に関する相談又は通報の適正な処理の仕組みを定めることにより、不正行為等の早期発見と是正を図り、インフォコムグループのコ ンプライアンス経営の強化を目指しています。

ハラスメント防止

「企業行動規範」「企業行動基準」では、人権についての活動方針を定め、遵守に努めているとともに、ハラスメントの防止として、全従業員に対し定期的にケーススタディを中心とした研修を行い、理解と予防を図っています。また、社内外に相談窓口を設置しています。