インフォコム株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:竹原教博)は、介護が必要な高齢者が一時的に宿泊する短期入所生活介護(ショートステイ)事業所に特化した予約管理サービスの提供を開始しましたのでお知らせします。

【概要】
 事業所の稼働効率が最大となる部屋割りを自動で提案するプログラムにより、これまでほとんどの施設において手作業で行われていた予約管理業務の負担を大幅に軽減することができます。
 また、空室の状況は当社が提供する介護サービス検索サイト「ケアリン」(https://care-ring.jp/)に連携し、リアルタイムで公開されるため、業務効率化と同時に効率のよい集客にもつながります。

【主な機能】

ケアリン

(1)部屋割カレンダー自動作成

  • 利用者の氏名と入退所日時を入力するだけで部屋割カレンダーを自動で作成
  • 空室の状況をWEB上で公開、予約手配を代行するケアマネジャーに向けて情報発信

 

(2)高稼働時の部屋割りの組替え機能

  • ショートステイでは、稼働率が上がって空室が少なくなると、ベッド位置の希望などにより予約を受け入れるために組換えが必要となります。その場合、組替えアルゴリズムにより条件を満たす最も効率のよいパターンを自動で提案します。

 ※組替えアルゴリズムは特許出願中

【ショートステイの現場の声から開発】
 ショートステイでの宿泊予約管理は一般的なホテルとは異なり、利用者の体調や必要とする介護のレベルに合わせた配慮が必要な、難しいパズルのような作業です。多くの事業所でベテランの職員が紙やエクセルで管理していますが、特に空室が少ない予約混雑時には予約を組換えて1人の予約を入れる作業に30分以上かかることもあり、事業所にとって大きな負担となっていました。
 2015年に業務・資本提携した介護大手の株式会社ソラスト(以下、ソラスト社)が運営する事業所をはじめとしたショートステイの現場担当者からの要望を踏まえ、「トイレの介助が必要な利用者なので、トイレの前にある部屋を割り当てる」など、細かい条件指定にも対応した部屋割り提案が可能です。

 

【今後の展開】
 4月よりソラスト社で先行導入され、運用が始まっています。6月以降、同社が運営するショートステイ事業所全施設へ順次導入される予定です。
 今後は、介護サービス検索サイト「ケアリン」上で、利用者やケアマネジャーが予約リクエストを送信できる機能など、事業者・介護サービス利用者が使いやすいよう、機能を追加してまいります。

 

■介護サービス検索サイト「ケアリン」について
 介護施設や介護サービスの情報を、利用者や家族、介護サービス従事者が共有できるサービスです。紙や電話、FAXなどに頼っている施設の空き状況などの情報共有をITで支援し、よりスムーズにする取り組みです。

 

■ショートステイ(短期入所生活介護)について
 自宅で介護を行う人の休息や病気、急用などで一時的に介護ができない時に、要介護の高齢者が短期間施設に入所し、介護を受けることができるサービス。要介護の高齢者や在宅介護の増加にともない、需要が増加しています。

以上

※参考資料 予約管理サービス画面イメージ

<報道関係のお問い合わせ>

広報・IR室
03-6866-3160
pr@infocom.co.jp

<事業に関するお問い合わせ>

地域包括ケア推進部

03-6866-3390

care@infocom.co.jp

※本リリースに記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。