医療機関向けITソリューション

医療情報の高度活用により医療の質向上をサポートします。

持参薬管理システム J-Reporter

持参薬の報告から継続指示まで、一連の流れを実現した持参薬管理システム

薬剤管理指導業務の一旦を担う持参薬管理は、医薬品の適正使用および医療事故防止の観点からも薬剤師にとって重要な業務の一つとなっています。

大量でばらばらの持参薬を効率的に鑑別し、代替薬品の有無や処方内容、服用方法を確認した後に正確に医師へ伝え、継続・中止の指示内容を看護師と情報共有する…いずれの業務も単独で実施されるものではなく、一貫して管理できるシステムが不可欠です。

1人の患者さんが1つの薬剤を服用した後まで責任を持って関わり、いつでもその過程を確認できるシステムとして、J-Reporter は誕生しました。

システム画面

検索機能

医薬品情報検索システム(DICS)と同様の検索機能が使えます。

検索薬品の添付文書情報の参照はもちろんのこと、特に鑑別検索は識別文字やマーク、会社名から、鑑別した薬品に対する同種同効薬(代替薬)検索は再入力無しで簡単に薬剤を特定します。

システム画面

簡単・便利な操作

持参薬報告書作成画面では電子カルテシステムから連携された患者さんの情報が確認できます。

簡単に間違いなく薬剤情報を登録するには、入院/外来を含めた過去処方を検索して必要な部分を流用する方法が便利です。

また、面倒な日数計算や不均等処方もボタン1つで簡単に入力できます。

持参薬報告書と統計表

報告内容は、薬剤画像付きの詳細情報として出力するほか、一覧表形式や月別の統計帳票として確認することが出来ます。

システム画面

PICSweb連携

報告内容は全て、薬剤管理指導支援システム(PICSweb) の患者情報画面に表示されます。さらに、医師より継続指示が出されたものは薬歴カレンダーに持参薬オーダとして色分けされ、処方/注射オーダと同様にお薬説明書の出力など、通常の服薬指導業務で管理できます。

※PICSwebが導入されている場合です。

システム画面

医薬品情報データ

J-Reporterには薬価収載されている全薬剤の添付文書情報や薬剤の画像データが搭載されています。これらのデータは情報収集から発送まで一貫した管理体制のもと、年4回または年12回更新されます。

※データ更新契約が必要です。

動作環境・弊社推奨スペック

サーバ部分

・CPU: Intel® Xeon®

・メモリ: 8GB以上

・HDD:実効領域 300GB以上 冗長化された構造(RAID5)が望ましい

・OS: Windows Server 2008 R2 64bit

・DB:SQL Server 2008 Express Edition(無償)

クライアント部分

・CPU: Intel® Core™ i3 以上

・メモリ: 2GB以上

・HDD:実行領域 40GB以上

・OS: Microsoft Windows Vista Business 32bit

    Microsoft Windows7 Professional 32bit

* 記載内容は2012年7月1日現在のものです。

* 記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

* 記載されている仕様は予告無に変更される場合があります。

* 記載されている内容の無断転用を禁止します。

資料請求先

インフォコム株式会社

インフォコム株式会社  ヘルスケア事業本部  病院情報システム部

■電話でのお問い合わせ

03-6866-3780(東京)06-6110-8986(大阪)

■フォームからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ先

薬剤情報管理

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ