医療機関向けITソリューション

医療情報の高度活用により医療の質向上をサポートします。

処方チェックシステム DICS-PS

院内処方チェックを統合的にサポート

マスターの統一化、メンテナンス業務の省力化を推進します。

インフォコムの新処方チェックシステムは、医薬品の安全な利用を目指し、従来からの『i-data』を利用した相互作用チェックに新たなコンテンツとデータメンテナンス機能を備え、電子カルテシステム、オーダリングシステムなどの病院情報システムで総合的・多角的にご利用いただけるサービスです。

オーダ確定時の一括チェックはもちろんのこと、処方・注射オーダ時におけるリアルタイムチェック、さらには病院様ごとのニーズに応じた細かいチェック仕様まで設定出来ます。

長年の実績に裏付けられた確かな技術をベースに、信頼のおけるデータ提供、院内利用マスターのメンテナンス統一化など、医薬品の安全使用に必要なサービスをご提供します。

システム画面

システム画面

チェック結果をイベントログとしてモニタリング

・処方チェック結果やエラー、承認状況をモニタリングします。

・エラーが発生すると背景色が変化してお知らせし、承認状況やチェック内容に関する確認の有無が一覧で表示されます。

・期間やエラーの種類を指定してログを検索することも出来ます。

システム画面

システム画面

エラー詳細内容の確認

・エラー、承認状況の詳細内容を確認出来ます。

・患者プロファイル及び、発行されたオーダの詳細内容が表示され、チェック結果と承認内容が表示されます。

システム画面

オーダ入画面でのチェック結果の確認とDI参照

・入力タイミング毎に可能なチェックをかけたり、オーダ確定時に一括で実施することが出来ます。

・チェック結果でエラーがあった場合、エラーレベルや薬剤名ごとに並び替えを行い、エラーの詳細をDIで確認することも可能です。

システム画面

チェック内容を総合的にメンテナンス

・処方チェックシステムで使用する各種チェックデータや、薬剤管理指導支援システム(PICS)で使用する画像・説明文、DIシステムで使用する採用薬品情報の設定を行い、編集した情報をそれぞれのシステムで共有します。

システム画面

処方チェックメニュー

・相互作用チェック ・病名禁忌チェック ・薬剤アレルギーチェック ・重複チェック ・用量チェック ・投与期間チェック ・患者状態チェック ・薬剤属性チェック ・配合禁忌チェック

動作環境・弊社推奨スペック

サーバ部分

・CPU:標準的 サーバCPU

・メモリ:4GB以上

・HDD:実効領域 200GB 以上 冗長化された構造(RAID5)が望ましい

・OS:Windows 2008 Server 以上

・DB:Oracle Database 10g Standard Edition One 1Processor License

クライアント部分

・CPU:オーダ端末に準拠した クライアントCPU

・メモリ:オーダ端末に準拠した クライアントCPU

・HDD:オーダ端末に準拠した HDD領域

・Windows XP 以上

* 記載内容は2012年7月1日現在のものです。

* 記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

* 記載されている仕様は予告無に変更される場合があります。

* 記載されている内容の無断転用を禁止します。

資料請求先

インフォコム株式会社

インフォコム株式会社  ヘルスケア事業本部  病院情報システム部

■電話でのお問い合わせ

03-6866-3780(東京)06-6110-8986(大阪)

■フォームからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ先

薬剤情報管理

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ