医療機関向けITソリューション

医療情報の高度活用により医療の質向上をサポートします。

検像システムiRad-QA

iRad®-QAは、フィルムレス運用に必要不可欠な検像システムです。

フィルムレス運用において、撮影した画像を最適な状態で院内に配信することは必須となります。

そこで、モダリティとサーバの間に検像システムiRad®-QAを配置し、患者属性やオーダ情報との整合性、画像の最終チェック・修正を行ってからサーバに転送することで、フィルムレスならではの問題点を解決し、快適なモニタ診断環境を提供することが可能です。

さらには、デジタルならではのメリットを最大限に生かし、各機能に手動/自動を適切に設定することで、放射線技師の方々の作業負担軽減と業務効率化をサポートいたします。

検像機能

DICOMタグ修正

装置側での入力ミスによる患者属性や検査情報の修正が手動、または自動で可能です。

手動の場合は直接入力またはプルダウンより選択可能です。また、あらかじめ条件設定をしておくことで、自動での修正もできます。

システム画面

画像確認・修正

画像ビューアにて画像を確認し、修正することが可能です。

Windows Width/Levelの値の変更や、CR・MG画像に関してはスタンプを追加、フリーコメントの入力や画像の回転・反転が可能です。

操作パネルを利用することで、最小限のマウス操作での画像修正が可能です。

システム画面

並び順修正・削除

検査単位・シリーズ単位の分割や結合のほかに、シリーズ・画像の並び替えが可能です。

サムネイル画像を見ながらリスト上でのドラッグ&ドロップなど、直感的な操作で分割や画像削除が可能です。

シリーズ・スタディの複製も可能なため、元画像を残した状態での修正が可能です。

あらかじめパターンが決まっている修正に関しては、条件を設定しておくことで自動での修正も可能です。

システム画面

画像入出力

汎用画像・DICOM画像の入出力が可能です。

他院からの転院やセカンドオピニオンを求めて訪れた患者様がCDやDVDといったメディアで過去の検査画像を持参するケースにも対応できます。DICOM DIR形式での画像出力が可能です。(簡易ビューワ付も可能)

RIS連携

DICOM MWM連携だけでなく検像上でのオーダ情報表示・RISへの再撮指示が可能です。

検像状況をRIS側に通知したり、検像者(画像確定者)をRIS側で管理し、結果を統計出力してデータ活用していただくことも可能です。

* 弊社RISとの連携になります

QA Anywhere(オプション)

QA Anywhereオプションを搭載することによって、検査室が離れている場合でも操作場所を選ばずどこからでも検像業務を行うことができます。サーバタイプとは異なり、画像の送受信は従来通り冗長化のため各親検像端末に分散させ、検像操作のみをクライアントに与える新しいスタイルで構成を組むことで、負荷を分散させることが可能です。

MPR表示

ご紹介資料

PDF
放射線情報システム[iRad®-RS]・検像システム[iRad®-QA]
iRad®-RS/iRad®-QA連携 ご紹介資料

資料請求先

インフォコム株式会社

インフォコム株式会社  ヘルスケア事業本部  放射線システム部

■電話でのお問い合わせ

03-6866-3790

■フォームからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ先

放射線情報

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ