医療機関向けITソリューション

医療情報の高度活用により医療の質向上をサポートします。

放射線情報システムiRad-RS

オーダリングシステムや電子カルテの普及により、放射線部門におけるワークフローの電子化が急速に進んでいます。

iRad®-RSはオーダリングシステムや電子カルテ、モダリティとの連携や放射線部門での様々な業務をサポートする優れた機能により、放射線部門のペーパーレス化・業務の効率化を実現し、急激に進んでいるフィルムレス運用に対応したシステムです。

iRad®-RSは変化する放射線部門のワークフローをサポートする最新のソリューションを常に提供します。

放射線部門のワークフローのトータルなサポート

オーダリングシステムや電子カルテから患者情報・検査以来情報を受け取り、検査オーダの受付・検査情報登録・会計情報の送信といった、放射線部門での一連の業務プロセスに最適な機能を提供します。

IHE-Jの統合プロファイルであるSWF・PIRへの準拠、DICOM MWM/MPPSを用いた撮影装置との接続が可能です。

システム画面

ユーザビリティを追及したデザイン

Docking Window技術の実装により、画面上にパネルを自由に配置したり、あまり使用しないものは必要な時にのみ表示する等、利用者の使い勝手に合わせた変更を簡単に行うことが可能です。

また、画面の表示項目・順番やフォントサイズ・種類等、利用者による設定項目を大幅に増加しました。

システム画面

多次元データ分析

蓄積されたデータを多次元的に解析することが可能です。

分析項目や分析レベル、分析値を組み合わせて必要な情報を導き出すことができます。

統計結果は数値データに加えて、棒グラフ・円グラフといったグラフィカルな表現も可能です。

PACS・検像システム(iRad®-QA)との連携

PACSやiRad®-QAとの連携により、画像格納状況や検像作業情報をリアルタイムに参照することが可能です。

また、iRad®-QAと連携することで、iRad®-RSを使った撮影業務の傍ら、同一画面上で検像業務を行うこともできます。

検像業務中に再撮影が発生した場合には、iRad®-QAより、検査担当者への再撮指示を通知することも可能です。

システム画面

放射線部門業務を効率化する豊富な機能

検査機器点検管理

検査装置の機器点検や修理記録を管理することが可能です。記録をもとに故障件数や平均ダウンタイムといった統計データの出力ができます。

マンモグラフィ装置の点検チェック、精度管理表の出力も可能です。

読影レポーティングシステムとの連携

iRad®-RWと連携することで、過去レポートを参照しながら検査を行うことが可能です。また、エコー検査などのワークフローにも対応し、検査を行いながらレポートを記入することが可能です。

メッセンジャー、掲示板機能

部門内グループウェアとして、メッセンジャー機能、掲示板機能を利用可能です。

* 掲載されている全ての社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。

* オプション機能が含まれております。

* 掲載されている仕様は2015年4月1日現在のものです。

ご紹介資料

PDF
放射線情報システム[iRad®-RS]・検像システム[iRad®-QA]
iRad®-RS/iRad®-QA連携 ご紹介資料

資料請求先

インフォコム株式会社

インフォコム株式会社  ヘルスケア事業本部  放射線システム部

■電話でのお問い合わせ

03-6866-3790

■フォームからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ先

放射線情報

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ