医療機関向けITソリューション

医療情報の高度活用により医療の質向上をサポートします。

放射線レポーティングシステムiRad-RW

フィルムレスによる画像診断の普及に伴い、読影医は質の高いレポートを迅速に提供することが求められています。

iRad®-RWは様々な読影レポート作成支援ツールを用意し、正確でわかりやすいレポートの効率的作成を支援致します。レポートの記入のみならず、症例検索や読影業務のデータ分析など、蓄積された情報を活用できる機能も充実しています。

iRad®-RWは読影医のさまざまなご要望にお答えする、高機能なレポーティングシステムです。

ユーザビリティを追求したデザイン

Docking Window技術の実装により、画面上にパネルを自由に配置したり、あまり使用しないものは必要なときにのみ表示する等、利用者の使い勝手に合わせた変更を簡単に行うことが可能です。

また、画面の表示項目・順番やフォントサイズ・種類等、利用者による設定項目を大幅に増加しました。

システム画面

多彩なレポート入力機能

フリーテキスト入力によるレポート作成のほか、医療情報入力用テンプレートツールであるSmart Template®による検査内容に特化したレポート入力が可能です。

入力内容によって動的に変化するテンプレートや、テンプレートの内容からのレポート本文自動生成機能を利用でき、業務の効率化・標準化が可能です。

システム画面

画像システムとの連携

レポート編集中の検査画像を画像ビューアに表示させ、画像確認後、簡単な操作で画像をレポートに取り込むことが可能です。画像システムと連携することで、PACSへの画像到着を確認してからレポートを入力することができます。

システム画面

高度な症例検索機能

前文検索専用エンジンを搭載し、高度な検索が可能です。さまざまな条件での検索が可能で、必要な症例を素早く・確実に見つけることができます。

院内レポート配信

記入したレポートを院内にWEB配信することが可能です。

電子カルテなどとのリンクにより、レポートの効率的な利用が可能です。

システム画面

ネットワーク日本語入力辞書

かな漢字変換ソフトの辞書や入力環境をログインユーザごとにサーバで管理することで、どのクライアントでログインしても同じ入力環境でレポートの記入を行うことができます。

レポートの二次利用

レポート分類

任意のフォルダを作成して、ティーチングファイルやカンファレンス用にレポートを分類することが可能です。

記入済みのレポートに対して関連する単語やフレーズをタグとして付加することができ、効率的にレポートを整理することができます。

レポートラーニング

研修医や学生向けの読影学習問題の作成、自己学習の支援が可能です。学習画面は院内にWEB配信することができるので、レポートシステムがインストールされていない端末でも利用可能です。

読影業務分析

分析項目や分析レベル、分析値を組み合わせて蓄積されたデータを多次元的に解析することができます。統計結果は数値データに加えて、棒グラフ・円グラフといったグラフィカルな表現も可能です。

* 掲載されている全ての社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。

* オプション機能が含まれております。

* 掲載されている仕様は2015年4月1日現在のものです。

資料請求先

インフォコム株式会社

インフォコム株式会社  ヘルスケア事業本部  放射線システム部

■電話でのお問い合わせ

03-6866-3790

■フォームからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ先

放射線情報

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ