医療機関向けITソリューション

医療情報の高度活用により医療の質向上をサポートします。

放射線治療ビューア RT Image Viewer

放射線治療の件数増加・高精度化に伴い、線量分布をはじめとするDICOM-RTデータの管理はこれまで以上に重要となっております。

RT Image Viewerは、インフォコムが培ってきた放射線画像管理のノウハウや技術力を生かし、治療計画装置・治療装置とのオンライン接続、DICOM-RTデータの長期保管・参照運用を実現致します。

放射線治療部門はもちろん、放射線治療を依頼された診療科に対しても同じ画像を配信出来る為、放射線治療データの活用を強力に推進致します。

データ保管

DICOM-RT形式での放射線治療データの保管が可能です。RT Image/RT Plan/RT Structure Set/RT Dose情報の保管をサポートしております。DICOM-RT形式での保管、出力機能を有する為、計画装置を他メーカに更新した際も、過去データの継続利用が可能となります。

* データ検証が必要となることがあります

計画画像表示

治療RIS iRad®-RTとの連携

サーバに保管された線量分布図・Beam's eye View・DVHなどの画像・グラフ情報を、治療RIS「iRad®-RT」で治療情報を確認しながら参照することが可能です。治療内容の確認、治療結果の評価をするために、文字・画像・グラフ情報及び、それらから得られるデータを総合的に利用できます。 それ以外にも、照射装置や照合装置はもちろんのこと、PACSやデジタルカメラなどからの画像や帳票なども治療RIS「iRad®-RT」から参照することが可能です。標準的な治療方法を採用しつつ、スタッフの情報共有や患者説明などのシーンでも活用が期待されます。

画像参照

各種ビューイング機能

 ・WW/WL変更 ・スタック

 ・Zoom ・Pan ・ROIの描画

DVHグラフ表示

MPR表示

Beam’s eye View表示

画像出力

 ・クリップボードコピー

 ・JPEG保存

 ・セカンダリキャプチャ

DVH表示

MPR表示

紹介用CD・DVD出力機能

患者紹介等のために治療画像を他の施設に持ち出すためのCDやDVDを出力することができます。

IHEが定めるPDI (Portable Data for Imaging) に準拠したディスクを作成することができ、ディスクに格納されたビューアを使って画像を表示することも可能です。持ち出したデータはDICOM規格に準拠しており、紹介先施設での治療にデータを活用することが可能で、地域連携のみならず精度の高い治療の実践・データの活用を推進します。

システム連携例

システム連携例

* 掲載されている全ての社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。

* 掲載されている仕様は2015年4月1日現在のものです。

資料請求先

インフォコム株式会社

インフォコム株式会社  ヘルスケア事業本部  放射線システム部

■電話でのお問い合わせ

03-6866-3790

■フォームからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ先

放射線情報

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ