インフォコムグループは、「経営方針」に「コンプライアンスを規範とした経営を行う」と定めるとともに、「社員行動指針」に「倫理優先」を第一の指針としています。
これらの方針のもと、日々の業務を遂行する上での判断や行動の拠り所となる基本的な考え方を「企業行動規範」、実践にあたって注意すべき具体的なポイントなどを「企業行動基準」として定め、グループの企業倫理体系としています。
また、毎年10月を企業倫理月間と定め、倫理意識を高めるため、業務拠点毎のCSRO講話や組織単位で行う全員研修など様々な取り組みを実施し、高い倫理観をもって業務に従事しています。

「企業行動規範」「企業行動基準」では、人権についての活動方針を定め、遵守に努めているとともに、ハラスメントの防止として、全従業員に対し定期的にケーススタディを中心とした研修を行い、理解と予防を図っています。また、社内外に相談窓口(コンプライアンス・ハラスメント ホットライン)を設置しています。