2018年10月11日

統合業務ソフトウェアパッケージ「GRANDIT」
の導入社数が1,000社を突破
~新たなパートナー制度を創設しさらなる成長を目指す~

PDF版はこちらから(PDF:412KB)

 インフォコム株式会社(東京都渋谷区、以下インフォコム)の連結子会社であるGRANDIT株式会社(本社 東京都渋谷区 代表取締役社長 石川 研一/以下、GRANDIT社)は、同社が開発・販売する統合業務ソフトウェアパッケージ「GRANDIT(グランディット)」が2004年の販売開始以来、導入社数が1,000社を突破したことを発表します。

 GRANDITはコンソーシアム方式により各業界のノウハウを結集した完全Web対応の統合業務ソフトウェアパッケージで、中堅企業を中心に様々な業種・業態に幅広く導入されています。これまで、多言語・多通貨対応や、マルチデバイス対応、グループ経営管理機能の強化等、多様なニーズと時代の変化に対応して進化を続けてまいりました。今年5月には、「GRANDIT3.0」をリリースし、RPA(注)と連携し業務プロセスの自動化による生産性の向上を実現し、お客様の多様な働き方を支援しています。

 さらにGRANDITの販売体制を強化するため、新たなパートナー制度(名称:マルチチャネルパートナー)を創設しました。これにより、経験豊富なITベンダーやコンサルティングファーム等が参画し、既存のパートナーとも協業してGRANDITの販売から導入・保守までを強力に支援するものです。
 詳細は、GRANDIT社のWebサイトをご参照ください。
 https://www.grandit.jp/partner/multi_channel.html

 インフォコムグループでは、GRANDITをはじめとする当社の企業向けITサービスと、RPAを連携させた「インフォコム・デジタルレイバーソリューション」の展開を加速化し、今後もお客様のビジネスの成長を支援します。

以上

(注)RPA(Robotic Process Automation):機械学習や人工知能等を活用した業務効率化・自動化の取り組み。

<お問い合わせ先>

広報・IR室
03-6866-3160
pr@infocom.co.jp

※本資料に記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。