2018年10月5日

介護職向け転職サイト「ケアスタイル」正式版開始
メッセンジャー機能で直接スカウト、相性チェック

PDF版はこちらから(PDF:651KB)

 インフォコム株式会社(東京都渋谷区)は10月1日より、介護業界特化型の転職サイト「ケアスタイル」https://carestyle.jp/)を正式に開始しましたのでお知らせします。

 5月よりβ版を開始し、会員や登録企業様からのご意見をもとに改良を重ねて今回の正式版リリースにいたりました。また、介護施設に加えて人材紹介会社も本サービスのご利用が可能となり、求職者にとってはより自分に合った施設を選びやすくなりました。

【背景】

 介護職は2025年度には約34万人不足するとされ※1、人手不足が深刻な問題となっています。介護業界は離職率が高く、その中でも業界外への転職者は毎年約13万人※2と大きな課題となっています。また介護業界では、他産業に比べて「人間関係」「理念や運営方針との相違」が離職の原因として高い比率を占めています。※3これらの情報は求人票では得られず、面接でも聞きづらいため、求職者側が事前に知ることは困難でした。

 業界外への人材流出を食い止め、求職者側も介護職を諦めることなく自分に合った働き方でキャリアを積み重ねていくためには採用の段階でミスマッチを防ぐことが必要でした。

【「ケアスタイル」の特徴】

① 求職者DBから直接スカウトできる

企業側は自社に合った人材を選んでスカウトができるので、応募後のミスマッチを最小化でき労力とコストを削減できます。

② メッセンジャー機能で企業と求職者が直接やりとりできる

企業側は求人票では伝わらない施設の良さや特色を求職者に伝えることができます。

③ 自分に合った働き方ができるか、聞きづらいことも匿名で事前に確認できる

求職者は正式応募するまでは匿名で質問が可能なため、「給与の内訳」、「有給休暇の取得状況」「職場の人間関係」など面接では聞きづらい内容も企業担当者に事前に確認できます。

④ 完全成果報酬型の料金設定(企業向け)

プラン①:採用決定時 30万円/1件  プラン②:面談設定時:10万円/1件 
登録、求人票の掲載は無料です。応募があっても成果に繋がらない場合は一切費用がかかりません。

※介護事業者向けの料金。求職者のご利用に料金はかかりません。

【今後の展開について】

 当社は中期経営計画(2017年4月から2020年3月)の中で、ヘルスケアを重点事業の一つと定めています。地域包括ケア関連領域では介護業務の効率化・安全性向上をITで支援するプロジェクト「介護丸ごとIT!」など、介護事業者・介護職・高齢者・ご家族をはじめとした地域福祉に関わるすべての方をサポートする事業創出に取り組んでまいります。


※1 : 厚生労働省「第7期介護保険事業計画に基づく介護人材の必要数について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000207323.html

※2:厚生労働省「社会保障審議会 介護保険部会(第45回)」資料より
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000033t43-att/2r98520000033t98_1.pdf

※3:公益財団法人介護労働安定センター「平成29年度 介護労働実態調査結果」より
http://www.kaigo-center.or.jp/report/pdf/h29_chousa_kekka.pdf

<報道関係のお問い合わせ>

広報・IR室
03-6866-3160
pr@infocom.co.jp

<事業関係のお問い合わせ>

地域包括ケア推進部
03-6866-3390
care@infocom.co.jp

※本資料に記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。