2018年5月29日

文書管理システム「MyQuick」の新バージョンを販売開始
~契約書管理業務の負荷を軽減し、働き方改革に貢献~

PDF版はこちらから(PDF:427KB)

 インフォコム株式会社(東京都渋谷区 以下、インフォコム)は、800社を超えるお客様での導入実績を誇る文書管理システム「MyQuick」の新バージョンを5月より販売開始しました。同システムは、「働き方改革EXPO」(2018年7月11日~13日、東京ビッグサイト)に出展します。

1.機能追加の背景

 契約書は長期に渡って運用され、担当者が変わる場合も想定されますので、その更新履歴や関連書類をもれなく管理することが必要となります。そこで、MyQuick の特長である書類の更新期限管理とすぐれたユーザインターフェースを軸に、契約書管理の業務ノウハウを機能に盛り込みました。

2.主な機能追加内容

(1)関連契約をビジュアル表示

・基本契約、個別契約、覚書などの関連文書のツリー表示により上位・下位の関係を一目で把握することができます。

(2)経緯管理機能

・関係者間の指摘事項や締結経緯などをコメントに残す事ができます

(3)強力なセキュリティ管理

・ユーザの権限(役職・部署等)に応じて、契約台帳の閲覧や契約書本文の閲覧可否を細かくコントロールできます。

(4)省力化機能

・自動入力機能などによる業務の省力化機能を強化しました。

<部署名,ユーザ名等を自動入力/自動更新の契約書の満了日を自動更新
管理者が設定したルールで自動採番/プルダウンによる値選択時の検索アシスト>

3.利用形式について

 本システムは、オンプレミス形式およびクラウドサービス形式のどちらでも利用が可能です

4.今後の展開

 MyQuickにRPAを連携させることにより、契約書やその他の関連する情報から台帳情報の登録を自動化する事も可能です。当社グループではRPA製品のNICEを販売しており、このようなRPAを組み入れた文書管理コンサルティングサービスも提供しています。

以上

<報道関係のお問い合わせ>

広報・IR室
03-6866-3160
pr@infocom.co.jp

<事業に関するお問い合わせ>

コンテンツソリューション事業部
03-6866-3590
document@infocom.co.jp

※本資料に記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。