基盤を固めながら
つねに新しいものに
チャレンジしていく仕事です。

エンタープライズ事業本部
TGサポート部SE

川村崇
Takashi Kawamura

2002年入社
繊維学部デザイン経営工学卒

私の仕事について

もともと、インフォコムに入ろうとしたきっかけは、大学の寮で先輩と一緒に寮内のLANを構築したんですね。普段は気が付かないところですが、基盤というか、そこがないと動かないので、おもしろくて充実感を感じました。それからこの業界に興味を持ちました。

念願が叶って、私は、SEとして社内のLANの接続などインフラシステムの構築をおこなっています。ネットワークというのは1回ひいてしまうと変わることがないのですが、メールなどインフラと呼ばれる部分は、何年かに1回は更新がありますから、まったく手が離れるという仕事はないですね。インフラの部分でも大きく構築と運用とに分かれているのですが、担当しているのは、構築です。また、お客様からのニーズを受け、私たちが分析や調査をして『どういうメリットがあります、ないです』というのをお伝えするのもひとつの仕事です。私達は、帝人グループのシステムを見守りながら、つねに新しいものにチャレンジしていく部署なのですが、変革していく姿勢は大切だなと思いますね。

技術を蓄えて、将来的にはマネジメントもしてみたいですね。

一年目は見えない部分が殆どでした。忙しそうな先輩に訊けずに、戸惑ったり悩んでいた時もあるのですが、そのうち要領をえてきて調べ方や訊き方がわかるようになりました。卒業した大学がIT関係の科ではなかったので、知識を得るために入社当時は、かなり悩み、努力はしましたね。負けず嫌いの性格なので、自分でとことん頑張ろうと思って必死で勉強をしました。

技術的な面を考えはじめるとどうしても、のめり込んでいってしまって、人の意見に耳をかさなくなりがちですが、いつも謙虚に聞ける人でありたいと思います。逆に専門的な部分はどうしても人に訊きにくいというのはあるのですが、新しい技術やノウハウは詳しい人に遠慮せずにどんどん訊いて取り入れていきたいですね。基本的に新しいものも好きですから。

これからの目標は、技術面だけでなく上の立場にたって、マネジメントもしてみたいですね。もちろん常に新しい技術を学んでいく必要があると思うので、今は自分の将来に向けとても重要な仕事をしていると思います。理想はしっかりと技術をふまえて、後輩に的確なアドバイスができたらいいなと思います。仕事上は、厳しくありたいと思いますが、終わったら切り替えて、仲良くできる後輩が欲しいですね。