「仕事と育児の両立」が何より楽しい!
"ワーキングマザー"として、
がんばっています。

GRANDIT株式会社
営業

沢木響子
Kyoko Sawaki

1999年入社
社会情報学部社会情報学科卒

私の仕事について

GRANDIT事業部で、販売ターゲットとなる顧客層を策定し、ターゲットを狙った広告のメディア媒体を決定したり、プロモーションやセミナーの企画の立案をするなど、マーケティングを担当しています。広告の写真ひとつにしても、自分の意見が反映されるし、センスも問われるので、おもしろくもあり、仕事に対する責任の重さを実感しています。自ら企画に参加して、何日も準備を重ねてきたイベントに大勢の参加者が集まってくれたときは、嬉しいと同時にほっとしています。

人数の少ない部署なので、なんでもやっています。ある意味やりたい仕事がなんでもできる環境にあると言えるでしょうね。「GRANDIT」は、本来は競合するような企業も一緒に知恵を出し合って開発されたコンソーシアム方式の製品であり、定期的に各社が集まって新機能の検討会をしています。同業他社の方々とのやりとりは勉強になりますね、自分の中の引き出しが増えている気がします。

メリハリのついた良い生活リズム

入社以来、全力疾走でこの仕事に打ち込んできた私ですが、実は産休のため、1年ほどお休みをいただいて、出産と育児に専念し、"ワーキングマザー"として、職場復帰しました。進歩の早いIT業界だけに、1年間というブランクは大きいかなと心配していましたが、理解ある上司や周囲の協力、ワーキングマザーの先輩のアドバイス等のおかげで、今では休む以前と同様、元気にバリバリと働いています。

「仕事と育児の両立」は、よく言われることですが、私の場合、会社に来れば仕事が楽しいし、帰宅すれば子供相手に毎日大忙しと、メリハリのついた良い生活のリズムが確保できています。福利厚生がしっかりしている会社なので、安心して子育てと仕事に専念できますね。インフォコムであれば、仕事と育児の両立は充分可能です。

職場の同僚からは「母親になってもぜんぜん変わらない」などと言われていますが、育児を通じて、人と人とのコミュニケーションの大切さに改めて気づくとともに、周囲に優しく接したいなと思う気持ちが出てきたように感じています。

産休そして職場復帰を果たしたことで、インフォコムの自由な職場の雰囲気を改めて実感しています。これからも「仕事と育児の両立」に励むとともに、もっといい仕事ができるよう、がんばっていきたいと思います。インフォコムならそれが可能な職場だと思います。