社員が安心して
長く働き続けられるように。

人事総務室
人財開発チームスタッフ

熊沢有紗
Arisa Kumazawa

2009年入社
国際交流学部国際交流学科

私の仕事について

私は文系出身ということもあり、就職活動ではICT業界のみならず銀行や商社など、いろいろな企業を訪問しました。そして最終的にインフォコムに入社を決めたのは、人の話に誠実に耳を傾けてくれる温かい社風に惹かれたためですが、そのときの第一印象は入社して年月が経った今も変わることはありません。

当初はヘルスケア事業の営業職にも興味を抱いていたのですが、現部署がワークライフバランスや働く女性のサポートに力を入れていることを知ったことが、今の仕事を希望した理由です。そして現在、全社員の勤怠管理、とくに残業時間の把握や有給休暇取得の推進、人員管理などを担当しています。また年に1回、社員に満足度調査を行っているのですが、その集計を元に現状を把握し、社員からの意見に対して回答することも私の大切な業務となっています。

採用を担当するチームを除き、人事の仕事というのはデスクワークが中心で、他の部署の人たちには実像がわかりにくいところもありますが、先の調査においても不満や不安が寄せられたときには、上司の指示を仰ぎながら誠実かつ迅速に回答するよう心掛けています。すると社員から、「返信が来るとは思わなかった。対応ありがとうございます。」といった感謝の言葉や、時には叱咤激励をいただくことがあります。大切なことは、「あなたの上司だけではなく人事も、ちゃんとあなたのことを気に掛けていますよ」と伝えることであり、社員が安心して働ける環境をいかに整えるかが、私たちの仕事の要諦だと理解しています。

実は先日も、制度化されている有給休暇取得奨励日の存在に気付いていない方がおり、早速全社掲示サイトにこの制度について再掲したところ、複数の部署から「ありがとう。おかけでリフレッシュできそうです」との声が寄せられました。私自身も、その「ありがとう」という言葉から、仕事に向かうたくさんのエネルギーをいただくことができました。

人事のスペシャリストになるために!

インフォコムは管理職として働く女性社員や、仕事と育児を上手に両立させている先輩社員がたくさんいます。また、SEや営業として第一線で活躍する若い女性社員も多く、彼女たちのほとんどが、結婚や出産後も仕事を続けたいと希望しています。こうした社員の存在は私自身の励みでもありますので、まずは第一線で働く女性社員たちに寄り添うことで、これからも男女を問わず全社員が安心して長く働き続けられる職場環境の実現に、いっそう貢献したいと思っています。

そこで当面は、日頃の業務だけでなく、労務管理や衛生管理などの資格取得を通じて、法律や制度に関する知識を蓄えることが私の課題です。そしてゆくゆくは人事のスペシャリストとして誰からも頼られ、そして慕われる人材に成長したいと願っていますし、それが人生において長い時間を費やす仕事を通じた、ひとつの自己実現と考えています。