RECRUIT INFORMATION
採用情報

インフォコムは多彩な事業を持っており、
意欲のある社員が活躍できるフィールドがたくさんあります。
自分の可能性を試してみたい方、何か大きな仕事をやってみたい方、
インフォコムであなたの能力を存分に発揮してみませんか。

社員・内定者アンケート

社員アンケート

インフォコムの若手社員を中心にアンケートを行い、普段どのようなことを考えて仕事をしているのか、やりがいや大変なこと、夢などを聞きました。
読んでみるとインフォコムのいろいろな面が見えてくるはずです!

1日に受信するメールの数は何通くらいですか。

A.平均43.8通

コメント

  • 自分宛のメールよりも、CCで来る情報共有のためのメールが多いです。
  • プロジェクトの段階によって変化します
  • 一般顧客向けサイトを運営していると、週明けは1000通以上に。
  • プロジェクト管理はCMSを使って情報共有しているのでメールのやりとりは少ないです。
  • 英語メールが10通くらい。

担当する業務によって、メールの数は人それぞれですね。

スーツは何着持っていますか。

A.平均3.1着

コメント

  • お客さんに会うとき以外は基本的にスーツは着ませんが、余裕をみて3着持っています。
  • SE職なのでスーツを着る機会はほとんどありません。
  • 就職活動用に買ったスーツが社会人でも使えるものを買ったのでそのまま利用しています。
  • 夏用1着とオールシーズン用3着、あとは結婚式など用にパーティスーツ1着です。
  • 今のところ外出する機会が無いので、滅多に着ません。 ただ、先輩・上司は週2〜4で外出しているので、そのうち数着必要になるかと思います。
  • 2年間着てなかったら、サイズが合わなくなりました。(申告は4着)
  • 基本的には外出時のみ着用します。(←でも6着でした)
  • 全部合わせてこれぐらい。1着だけではちょっときついでしょ。(←なんと8着!MAXでした)

外出が多いかどうかで違うと思います。ただ、意外とみんな持ってるんですね。

1日の会議や打ち合わせの時間はどれくらいですか。

A1.9着p>

コメント

  • 平均して1時間くらい。朝から夜まで1日中会議の時もあります。
  • 作業のフェーズが開発段階に入ると、会議は少なくなります。
  • 長い日は8時間ほどある時もあるが、ない日もあるので平均すると2時間ぐらい。
  • 午後イチの会議は眠くなります…。
  • 会議の内容は週定例会議、実績会議、開発打ち合わせ、設計レビューなど。
  • プロジェクトが多いので顧客やメンバーとの会議は多いようです。
1週間のうち、何回くらい飲みに行きますか。

A.平均1.0回

コメント

  • 必ず週1回は、お呼びがかかります。出欠は自由ですが、出来る限り行く方針です。
  • 入社当時は週3位で呑みに行ってましたが、最近はだいたい週1が多いです。
  • お酒は苦手なので(0回)
  • 安い飲み屋は苦手になってきました。
  • 最近忙しいのでそんなに行きませんが、ピーク時には毎日でした。
  • 平日は帰りも遅く、また一人暮らしの場合は家事が帰った後もあるのであまり行かないです。
  • 金曜の夜に同期と飲みに行ったり、先輩方に誘われて飲みに行ったりします。繁忙期だとほとんどなくなる。

部署や同期と飲むことが多いようです。2日酔いには気を付けましょう!

残業・休日出勤はどのくらいありますか。

A.平均37.4時間/月(残業時間)
※勤務時間は7.25時間/日と通常より短いため、他社平均より多めの数字となります。

A.平均0.6日/月(休日出勤)

コメント

  • 残業は一日約1時間ペース。休日出勤はまだありません。
  • 残業は閑散期で月に20時間程度、繁忙期で60時間程度。休日出勤は、年に7から8回程度。インフォコムの元々の勤務時間が7.25と他の企業と比べ元々45分少ないので、20時間程度の残業はあまり大変ではないような気がします。
  • 残業はしても1,2時間で、だいたい18時には退社しています。休日出勤も基本的にはありませんが、システムの移行等で出勤する場合もあります。
  • 繁忙期だと、毎日23時過ぎに退社ということもありましたが、通常は遅くても21時頃には退社します。
  • 残業時間は平均で月30〜50時間といったところでしょうか。休日出勤はほとんどありません。
  • 配属後半年で、必要に迫られての残業は20時間程度です。立会い作業が必要な案件があり、その際1週間程残業をしましたが、新人の間は特に残業はありません。休日出勤もその立会い作業の際に一日ありました。
  • 残業1-2h/day
  • 残業は平均して月に50〜60時間程度です。休日出勤は、忙しい月は週に1回出てます。
  • 残業は忙しいときは、100時間を超えます。平均的には、60時間程度です。休日出勤は、ほとんどはないです。
  • 基本的に休日は休みです。残業は多いときで100時間を超えますが、通常ですと30時間〜40時間程度です。
  • 殆どありません。
  • 残業:月40時間ほど(病院相手の仕事なので、面会や作業可能なのが夕方以降になってしまうため)
  • 休日出勤:基本的にあまりないが、システム稼動リハーサル等で休日出勤あり。
  • 時期によりますが、平均9〜10時くらいに帰宅します。休日出勤はなるべくしないように平日の業務を長めに行うことが多いです。
  • 2時間/日ぐらいが多いです。休日出勤は、0.2/月ぐらいであるかも。
  • 平均すると、20時〜21時の間には退社します。余裕のあるときは定時で帰ることをたくさんありますが、一方、忙しいときは平日も休日も関係なく出社しています。基本的にシステムの本番稼動の前後一ヶ月は休日出勤する可能性が高いです。
  • 休日出勤は今のところゼロですが、今後増える予定です。残業については、その日のやることが終わったら定時で帰れます。終わらなかったら残りますが、遅く(9時位)までいると…フロアの色々な方に「どうしたの?だいじょうぶ?大変なの?」と心配されます。翌日には「そんなに遅くまで残ってたらダメだよ〜。早く帰らなきゃ!新人なんだし!」と言われます。

部署や時期(納期前等)によっても差があるようですね。ちなみに全社平均は38.9時間です。社員コメントにもありましたがインフォコムは元々就業時間が他社より短い(15分〜45分)ので、実質的には少ないです。

本は1か月に何冊読みますか。

A.1.9冊

コメント

  • 印象に残っている本は、『平成関東大震災』です。関東で始めての一人暮らしで、様々な対策が必要であると思いました。
  • ボーナスで買う家具を探して、通販雑誌を熟読したりしていました。 NintendoDSの「文学全集」で、いくつかの小説を走り読みしたりしています。
  • 社会人になってほとんど本は読めなくなりました。読んでも情報系の資格本や簿記の資格本くらいです。それでも最近読んだ本で"ハッ"と気づきを得た本がありました。内容としては、「仕事が終わらないから早く帰れない」ではなく、 実は「早く帰らないから仕事が終わらない」。「仕事が忙しく資格が取れない」ではなく、実は「資格を取らないから仕事が忙しい」。「○○○だから□□□できない」という場合、「□□□しない為、○○○の状態にある」そうです。それ以来、この逆転の発想で物事を考える場面も増えました。
  • 新しく通しで読むのは5冊前後で、あとは蔵書を一部読み返す事が多いです。また、それ以外に勉強用の本を必要に応じて数冊読みます。最近読んだ本で印象に残っているのは「新渡戸稲造論集」。
  • 通勤電車で読書をしています。最近は『嵐が丘』という古典を読みました。
  • まとまった時間などなくゆっくりと読めていない。
  • 毎月定期的に読むことは無い。
  • 社会人になってから読まなくなりました。
  • 小説を読むと眠くなるので、苦手です。
  • 最近はあまり読書できていないので、必要性を感じます。
  • 技術書が多いです。「RailsによるWebアプリケーション開発」
  • 「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ著
  • 人が子供のときから大人になって老人になっていくときの、そのときそのときの喜びや悲しみやその他色々な感情や状況をきれいに描いているなあと感じる本でした。また、物語に謎の部分が多く、次を読みたくなるエンターテイメント性も併せ持った本だと思います。
  • 「悪魔の辞書」ビジネスマンとして、必須アイテムの一つといっても過言ではない!
  • ミステリしか読まないです。最近では15年ぶりに新作が発表された、有栖川有栖『女王国の城』が面白かった。
  • 「7つの習慣」
  • 「対決」高杉良
  • 「竜馬がゆく」
  • 「天国で君に逢えたら」「ガンに生かされて」
  • 最高学府はバカだらけ—全入時代の大学「崖っぷち」事情
  • Effective Java (Joshua Bloch著)

技術書・趣味の本など、いろいろな名前が挙がりました。通勤時間を活用がポイントかもしれません。

趣味を一つだけ挙げるとすれば、何ですか。

A. スポーツ…10
音楽鑑賞…6
映画鑑賞…6
楽器演奏…4
読書…4
スキー・スノーボード…3
旅行…2
買い物…2
ライブ…2
ゲーム…2

コメント

  • 昼休みの卓球(←どこで???)
  • ライブハウスでダイブ

スポーツはテニスから野球、サッカー、卓球、そしてカポエラ(格闘技)と幅広く票を集めました。また音楽を聴くだけでなくやるという方も。ピアノやバイオリンといった回答がありました。その他3票以下のものとして、旅行、ショッピング、ライブ、ゲーム、サーフィン、釣り、フランス語、そして秋葉原散策という回答も!

インフォコムってこんな会社です!

  • 自由な雰囲気と若い社員にも仕事をまかせるところ。若手社員でも企画・立案していける。
  • 社内の人間関係が良いところが大きな魅力。
  • 自由な発想と行動。
  • データセンターからアプリケーションまで幅広く手掛けているので、SIからサポートまで提供できるところが魅力であると思います。
  • 様々な事業本部があるため、異業種の情報が入ってくることは面白さの一つです。また、入社後も他の業界の仕事を考えた際に、会社を変えることを考えなくても、事業部を移るというハードルの低い位置で考えられるのも魅力だと思います。
  • 所属する部署ごとに特色はあると思いますが、専門的な知識や能力が身に付きやすく、自分の興味あることであれば楽しさと充実感を共有することができる点。
  • 色々な仕事や職種が経験でき、自分自身が大きく成長できる点ではないでしょうか。
  • アットホームな感じはあると思います。
  • やりたいと手を挙げれば、やらせてくれる。
  • 様々な分野の事業を行っている。
  • ユーザ要望に柔軟に対応できる。
  • 人間関係が凄く良いです。
  • 各分野に長けた人が多く在籍しており、お互いの得意分野を活かして仕事を推進出来る会社。
  • 「カジュアルな私服がOK」があらわしているように、開放感があり、上司との距離が近く、自分の意見を仕事に反映しやすい。
  • 自社パッケージがあるので、その製品を自分達でカスタマイズできる所が強み
  • 自由な雰囲気。オフィスに活気がある。
  • 上司との壁をあまり感じない。
  • 魅力:悪い人が居ない。良い意味で平均的。強み:フィールドにあまり制限がない。できること:転んだら起き上がること。
  • 「良い」人が多い
  • 「インフォコムの魅力」とか「インフォコムだからできること」っていうのは、考えたことがないし、思いつきません。あっ、今気付きましたが、若手でもこんな風に否定的な意見を自由に言うことができて、その意見についてちゃんと上司が考えてくれるのは、インフォコムの魅力だと思います。
  • 「自由」をテーマにいろいろとできるところ。
  • 1年目でも中心メンバーになって働くことができる。
  • いろんな職場環境が揃っています。
  • 中規模企業で、各課の人数が少数なため、身軽に動け他部署との協力も容易な会社
  • プロジェクトマネージメント等上流工程に位置する業務を経験しやすいことが魅力。
  • 給与、福利厚生、立地(東京本社)が良い。
  • ドレスコード(カジュアル)が楽で良い。
  • 魅力は、自由なところです。社員が皆、それぞれの目的を持っており、その目標に向かって自由に羽ばたいているところです。
  • 経験を問わず、やる気さえあれば挑戦の機会があること。
  • 事業本部がそれぞれ別の会社のように、幅広い事業を展開しているので、昼食を同期と一緒にとるときなど、自分が携わりもしないような業務の話を聞くことができたりします。
  • 「大きめの会社にしては、小回りが効くところ。」が魅力。
  • 帝人ブランドで売り出せる
  • 一年目からいろいろやらせてくれる風土がある
  • 幅広い事業を展開している。(ERP、モバイル、ヘルスケア etc.)
  • 温かい職場で働きやすい。
  • 様々な分野で事業を展開しているので横の繋がりを有効的に使える。
  • 魅力は人間力。個性的な人が多く、その個性を活かせる会社だと思います。
  • 大き過ぎず、小さ過ぎず、ちょうどいい規模感。

後はがんばって知名度を上げるだけ……?

インフォコムで働いていて良かったと思うことや、好きな部分を教えてください。
  • 働く環境が良い。周りの人が魅力的。同期の仲が良いので心強い。
  • 自由なところ。自由な分、自分で考えて行動しなければならない部分が多いが、のびのびと仕事ができていると思う。
  • 幅広い分野に手を広げているので、部署配属後も視野が狭くならず別視点からの情報や意見が聞ける。
  • 私服OK!フレックスあり!
  • 福利厚生などの待遇面が良い。
  • 新人教育をしっかり行ってくれるところ。
  • 他の企業ではあまり扱っていない分野の仕事ができること。
  • 1年目からビシバシ働かせていただいているところ。
  • IT系の会社として入社しましたが、ヘルスケア事業本部に配属されたことで、医療業界の知識を吸収できることがおもしろいです。
  • たくさんの人達と知り合うことができ、困ったときなどお互い助け合って仕事ができる雰囲気があるところ。
  • 本社でマッサージを受けられること!
  • 業務内容が大規模なWEBシステムの構築が多く、サービスリリース時の充実感を強く感じる事が出来る。
  • 周りに優秀な人財が多いので、働きやすく、モチベーションも維持しやすい。
  • 研修等を通じ、同期との絆が深まって刺激になったり相談に乗ったりしてくれる所です。先輩方も気軽に話しやすい方が多いのではないでしょうか。
  • 仕事を通して生涯付き合える人たちと出会えたこと。
  • ちゃんと残業代が出るところと、休みを申請すれば休みが取れるところです。
  • 10年後の目標がより明確化された事。
  • 入社半年程度でも、自分が大きく成長し、事業に貢献していることを実感できること。
  • 会社は「人」で出来ているので、人が魅力的なのは良いところだと思います。
  • 会社の雰囲気は本当に大好きです。
  • 出張で各地のおいしいものが食べられる。(ヘルスケア)
  • ちょっとしたときの心遣いが優しい方が多いところです。
  • たくさんの人達と知り合うことができ、困ったときなどお互い助け合って仕事ができる雰囲気があるところ。
  • 自分の意見を上司が聞き入れてくれるところ。
  • スーツ出社しなくても良い点。
  • 社内の雰囲気。
  • 少数精鋭なので、早くからプロジェクトに参加できることは、自分の成長のためにもいい土壌になっているように思います。
  • 入社前はもっとベンチャー企業のような会社を想像していましたが、よくも悪くも意外と大手企業的な部分を感じます。
  • 尊敬できる先輩がいること。暖かく見守って下さる方が沢山いること。会社は“人”でできているので、人が魅力的なのは良いところだと思います。
  • 完璧じゃないんだけど、駄目すぎない。結局がんばり次第で、どうにかできそうなところが好きです。
  • チャンスをつかめる会社である。立場関係なしで、モノが言えるところ。
  • 先輩に恵まれているほうかと思います。
  • 技術力の高い方が多いこと。他は、ドレスコード、待遇、立地等です。
  • 楽しい人がたくさんいるところです。
  • IT系の会社として入社しましたが、ヘルスケア事業本部に配属されたことで、医療業界の知識を吸収できることがおもしろいです。
仕事上で一番大変だと思う部分は?
  • 今のところ、スケジュールマネージメントとコミュニケーションです。コミュニケーションは、相手の意図を正確に理解し、こちらの意図をわかりやすく伝えることです。
  • 残業などがあるとプライベートな時間を中々確保できないこと。
  • 幅広い分野に手を広げているので、部署配属後も視野が狭くならず別視点からの情報や意見が聞ける。
  • 作業を担当するとき、新人のうちは大概「まだやったことのない作業」となります。「何日くらいかかりそうか?」と聞かれて、自分の力量を自分で考えて返答しなければならず、その結果、大概その見込み日数をオーバーします・・・。
  • 開発を行なう時に、製品の仕様だけでなく、品質やスケジュール、工数などのトレードオフを考えて、バランス良く仕事に取り組まなければいけない点。
  • どの仕事にも共通すると思いますが、期限付きでそれなりの成果を出さなければいけないことです。
  • ミスが許されない所。些細な過ちでも実際に稼動しているシステムに影響を与えてしまうので、何かシステムに変更を加える際は、正常稼動を見届けるまで落ち着かない。
  • 自分ひとりで進めているだけでは、全体は進まないので他の人の進捗具合を気に掛ける必要があるところが大変であると思います。
  • 自身の怠慢な心に流されないこと。二日酔いでつらい日も満員電車で出勤するのは大変です。
  • 深夜、休日でも障害発生時に対応しないといけない事。
  • やりがいのある仕事が多々あるのはいいが、当然複数のタスクが重なるので、優先順位をつけてこなしていくのが難しい。
  • お客様の要望にいかに応えていくか、ということだと思います。全て対応可能なものばかりではないので、話し合いが大切になります。
  • 締め切りや納期があるものは間に合わせるために時間に追われることがあること。
  • 私たちの仕事はチームプレーで仕事をすることも多いため、誰かに指示を与えたり、誰かから指示を受けたりすることは日常的にあります。そのような中で「相手に指示内容を正しく理解してもらうこと」「相手の指示内容を正しく理解すること」というのは、大変だなあと感じています。特に、お客さまからの要望等は、その内容の本当の意味や意図が理解できていないととんでもないことになりかねないので、特に注意しています。そのようなところが仕事で大変だと思う部分です。
  • 残業。平日の帰宅は遅く、帰ったら寝るだけの日々がつらい。
  • 「相手の言っている意味を理解すること。自分の言っている意味を理解してもらうこと」基本的な事だが、何より難しい気がする。これが完璧に出来たら、ミスや認識違いが無くなり、「余計な仕事」や「無駄な時間」が無くなるんじゃないかと思う。
  • 仕事に対する責任。
  • モチベーションの管理。 (任される範囲が大きいため)
  • 体調管理。(休日出社や夜間対応が多いので)
  • トラブル対応。
  • 自ら考えること。
  • 他社やお客さんとの間で問題が発生した場合の対応の仕方。
  • 導入したシステムに障害が発生し、ユーザーに迷惑をかけたとき。
仕事上で一番やりがいを感じるときは?
  • 携わったシステムが稼働し、外から確認できたときです。
  • 目標に向けて部内が同じベクトルに向いて、その中で貢献していけるとき。
  • 自分が製造を担当したシステムやモジュールが、ユーザーに売れて導入されるとき。
  • 開発を担当したモジュールが、導入先で正常に動作したとき。
  • 目標の数字をいかに達成しようか考え、実行しているとき。
  • 製品がお客さんの要望に叶い、順調に稼動し、満足していただけたとき。
  • 他の企業であまり扱っていない分野の技術を扱った仕事をしているとき。
  • 処理に悩んでいたプログラムで、解決策を思いついたとき。
  • 上司に仕事の戦力と認めていただいたときにやりがいを感じました。
  • 現在開発課題が与えられており、設計、開発など、一人でやらせていただいているのはとてもやりがいがあります。
  • 同じ職場の中で連携して仕事をこなし、達成できたとき。
  • 今まで理解できなかったことが、仕事の経験を通して理解できたとき。
  • 初めて経験する事を自分なりに試行錯誤しながら、案件を達成していくとき。
  • お客様の悩みをコンサル的にシステム提案するとき。当然、その提案がお客様に好評を得たとき。
  • 上司も先輩もいない中、決められた時間内で何百万の案件を即決しなければいけない時の緊迫感。たまりません。
  • 困難な開発を乗り越え、お客様にお礼を言われたときです。
  • 新しいことを覚え、それを仕事に活かせたとき。
  • 今までできなかった仕事ができるようになったとき。作ったサイトが無事にオープンしたとき。
  • 自分の成長を実感できたとき。
  • 考えていたことが形になったとき。
  • 自分が携わった製品が世に出たとき。自分が作ったものが動くとき。
  • まだプロジェクトに入ってないのでやりがいを感じるレベルではない。
  • 自分が書いた企画書や報告書が評価されたとき。
  • 自分で苦労して作ったものをお客さんに褒められたとき。
  • 新しい技術を学んで、製品開発に活かしたとき。
  • プロジェクトに貢献できたとき。
  • 担当製品のユーザーが増えたとき。
  • お客様に感謝されたとき。
  • 計画したものが実際のものとなったとき。
  • 自分たちの導入したシステムを活用頂いているのを感じたとき。
  • 自分で作ったシステムが、無事稼動し満足して使って頂けたときです。
  • 導入したシステムが顧客に「使いやすい・分かりやすい」と褒められたとき。
  • 自分の考えのもとに実施したものが目に見え効果がでた(実績としてあがった)とき。
  • ちょっと質問内容とは違うかもしれませんが、自分がやったことが誰かの助けになったときは
  • うれしいし、よかったなと思います。
  • 期待されるとき。(だと思います、たぶん……)
今後の夢は?
  • とにかく今の仕事のスキルアップに努める。そしてもし機会があれば別の部署で他の仕事の経験も積んでみたい。
  • 日経新聞に、自らが手がけたコア事業から新たなデファクトスタンダードを築いた記事が載ることが夢です!
  • 与えられたタスクをこなして吸収し、ゆくゆくは「人に頼られる」位置に就きたいな、と。夢ではありませんが、「いつでもその時点その時点で、自分を一番活かせる職場で働いていたい」という希望はあります。
  • 自分の携わっている分野をもっと勉強し、そこに新しい風を吹かせることが出来るような仕事ができたらと思う。
  • ネットワークインフラ、運用などを踏まえた開発のできる人財を目指す。
  • エンタープライズ領域でモバイルソリューション製品を世に出したい。
  • 現時点では、秘密とします。
  • 環境問題に関する事業に携わってみたいです。
  • 現在会計システムに関わっているので、会計の知識を深め、資格取得に挑戦したい。
  • お客様先で働いているという利点を活かし、ユーザーのニーズを的確に捉え、いずれは新技術を用いた提案をしたいと思っています。
  • 只今探求中。
  • 機会があれば新事業を立ち上げてみたいと思っています。
  • 同じ部署に何年もいるとマンネリ化してくるので、数年に1度配属を変えるなどしていろんな分野の知識を身に付けてみたい。
  • インフォコムは様々な事業を行っているので、今とは全く違う事業にも積極的にもチャレンジしていきたいと思っています。
  • 信頼かつ尊敬される人財になりたいです。
  • 他部署を含めた複合的提案。様々な部課があるインフォコムだからこそ、コラボの選択肢は多々あるかと。
  • 新ビジネスにチャレンジして、社会貢献ができればと思います。
  • 会社のコアビジネスとなる新規事業の創出。
  • プロフェッショナルになること!!
  • 担当製品のシェアを広げてゆきたいです。
  • 夢ではないが、日常的な心構えとして、いつもシステムを使う側の立場で物事を考えていきたい。
  • 製品のマネージメントを行える程度に成長することが、とりあえずの目標です。
  • デファクトスタンダードとなるような製品の開発。
  • 社会に対して新しい価値観を提案すること。

内定者アンケート

就職活動の先輩である内定者に、就職活動についてのアンケートを行いました。
どんな就職活動を行ったのか、また失敗談やオススメアイテムなどを紹介します。

就職活動中、失敗したなと思うことは?

失敗の内容を具体的に教えてください。またそのときの対処法は?

  • 面接での失敗
    面接で自分のことを「あたし」と言ってしまいました。次は気をつけようと思ってもやっぱり「あたし」と言ってしまい…。このようなことはそのときだけ直せるものではなく、普段の生活から意識していないと直らないものだと反省しています。
  • 道に迷った
    説明会会場までの地図を持って行ったのですが、わかりにくい所にあり、開始ギリギリに到着しました。そのときは、近くにいた人に場所を尋ねて着く事ができましたが、それ以降、面接前日には必ず下見をするようになりました。
  • 面接・企業研究などの準備不足
    企業研究を十分にやっていなかった面接で、「この会社のこういうところ(部署)で働きたい」という明確なビジョンを持って面接に望めなかったことがありました。自分が行きたい会社のことなのだから、じっくり時間を取って研究すべきでした。
  • その他
    体調管理不足でした。面接のピーク時に風邪を引いてしまいました。風邪を引いた人の近くに寄らない、自分が引いたらうつさないこと!
    説明会で気になることがあったのに質問せずに帰ったこと。疑問は出来る限り解消しておかないと後悔します。思い切って質問することをオススメします。思わぬ良い情報も手に入るかもしれません。

最終的に就職活動を成功させた先輩たちも、就職活動中は数多くの失敗があった様子。失敗して反省することはもちとん大切ですが、いつまでも引きずらすに気持ちを切り替えてがんばってくださいね。

就職活動中にあると便利だったアイテムは何ですか?

一番回答数が多かったのは、ナビサイト。目的地までの地図や経路を調べるためには必需品。また地図や手帳なども多くの回答数を集めました。手帳は就職活動専用に持っていたという人も。予定から説明会などでのメモまで1冊で管理できるのは便利ですね。

失敗の内容を具体的に教えてください。またそのときの対処法は?

  • 歩きやすい靴
    就職活動は1日の移動も多く長く歩くことも少なくありません。歩きやすい靴を選びましょう。
  • 携帯バッテリー
    緊急の連絡が必要なときにバッテリーが切れたりしては大変。十分に充電し、必要ならばバッテリーを持ち歩くといいでしょう。
  • 履歴書、証明写真の予備
    説明会で急な提出を求められることもあります。予備があると安心。また、携帯電話で時間を確認するのはあまり良い印象を持たれません。腕時計も必需品。女性は予備のストッキングの携帯もオススメします!エチケットブラシなんかもあると便利ですね。
就職活動中の息抜きはなんでしたか?オススメの方法はありますか。
  • 買い物・美味しい食事やお酒…20%
  • 説明会や面接会場の付近探索…80%
  • その他…50%

圧倒的に多かったのが、買い物・美味しい食事やお酒を楽しむというもの。その際はできるだけゆっくりした時間を過ごすことがオススメとのこと。次に多かったのは、友達との情報交換。情報だけでなく就職活動の悩みなどを話すことで、気分もスッキリするだけでなく、「友達もがんばっているんだから」と切磋琢磨できます。次は、説明会や面接会場の近辺探索。就職活動中にはいろいろな土地に行くことも多いもの。行く前にPCなどでその周辺を調べておいて、面接の後には美味しいものを食べたり名所に行ったりして息抜きしたという回答が数多くありました。その他の回答には、部活や運動、読書や映画といったものの他、日々の緊張をほぐすためにも、数週間に1日は「就職活動をしない日を作る」のがオススメというものも。

内定者が語る「企業のココを見ろ!」

就職活動を終えて得たものは何だったのでしょうか。

皆さん、しっかりと業界研究と自己分析をやっていたということが結果に出ました。また友人と切磋琢磨してがんばったり、社会人の知り合いもできたりと、新しい人との繋がりも多く生まれたようです。挫折感を覚えたという人も、納得のいく就職活動が終えられているといいですね。

インフォコムを何で知りましたか?
  • 就職サイトで検索(リクナビ、日経就職ナビ、毎日ナビ)
  • 教授、先輩、友人からの情報
  • 就職セミナー
  • 携帯コンテンツ(着メロ等)
  • Web-DM(リクナビ、日経就職ナビ、毎日ナビ)
  • 学校の先輩からの情報

就職ポータルサイトで知ったという意見が約半分弱を占めました。その他、親しい先輩が働いていたという回答や、着メロ等のインフォコムのコンテンツを知っていたという人も。

自分に合った企業を見つけるための判断材料として、最も重要なものは何でしたか?
  • 企業で働いている社員の話から得られる情報
  • 各企業の説明会で得られる情報
  • 他の内定者や選考会で出会った学生から得られる情報
  • 採用担当者とじっくり話すことで得られる情報
  • 大学の先生や先輩、友人、親などから得られる情報
  • インターンシップに参加して得られる情報
  • 就職セミナーなどに参加して得られる情報
  • 企業の経営者の話から得られる情報

やはり、現場で働いている社員の声が最も役立った、重要だったという人が多数。また、就職活動の先輩である内定者や学生同士の情報交換も役立ったという声も多数見られました。就職活動中は様々な情報が交錯して混乱してしまうこともあると思いますが、正しい情報を見極めて就職活動に活かしてくださいね。

最終的にインフォコムに決めた理由は?
  • 自分のやりたい仕事ができそう
  • 職場に活気がある・自由を感じる
  • 説明会や面接で会った社員の雰囲気が良かった
  • 仕事内容が面白そう
  • 専門的知識・技術を身に付けられそう
  • 給料・福利厚生が充実している
  • 事業内容が多岐に渡っている
  • 成長性・将来性が高そう
  • 仕事の成果や業績が正当に評価されそう
  • 教育制度が充実している
  • 事業戦略や経営ビジョンが優れている
  • 他の内定者を見て一緒にやっていけそうと思った
  • 責任ある仕事をまかせてもらえそう
  • 専攻・経験が活かせそう
  • オフィスがきれい、便利な場所にある
  • 親や親戚、先生が薦めてくれた
  • 技術力が高そう
  • 売上・利益など会社業績が良い

最終的にインフォコムに決めた理由は、社員や社風に魅力を感じた人、事業内容や戦略などに魅力を感じた人、制度や働く環境に魅力を感じた人など様々でしたが、大きくは「人」「仕事」「環境」に分けられます。どれをとっても「働く」上ではとても大切なこと。皆さんもいろいろな観点からきちんと考え、ベストの決断してくださいね。

インフォコムの選考において、最も印象に残っていることは何ですか?
  • 最終面接で役員3名を見たときに、圧倒されそうになったが、説明を真剣に聞いてくれた。
  • 一次面接で会社の悪い点も教えてくれたこと。
  • 親身になって、今の就職活動の現状と気持ちを聞いてもらえた。
  • もっとこうした方が良いというアドバイスを貰えたことが印象的でした。
  • どの面接でもとても話しやすい雰囲気だった。
  • 最終面接の面接官の方が、緊張を和らげようと冗談などで場を和ませてくださいました。
  • 内定メールの題名が「サクラサク」だったこと。人事の方の暖かさが伝わってきてうれしかった。
  • 自己都合で面接日程変更をしてもらったときに、丁寧な対応をしてもらったこと。
  • 最終面接時に面接官が中国語で挨拶をしてくれて、とても友好な雰囲気の面接だった。活動中で一番楽しい面接でした。
  • 面接官の方が真剣に話を聞いてくれ、話を引き出そうとしてくれたこと。
  • 社員同士の縦の距離がとても近いと感じました。

面接では皆さんの熱い想いがひしひしと伝わってきます。だからこそ、インフォコムは皆さんと真剣に向き合いたいと思っています。面接で緊張するのは当たり前ですが、リラックスして臨んでくださいね!