KNIME

ワークフロー型データ分析プラットフォーム

STEP2. インストールする

KNIME Analytics Platform のインストール手順を説明します。


Windows編

1. ダウンロードしたインストーラー(.exe)をダブルクリックし、「セキュリティの警告」ダイアログが出たら「実行」ボタンをクリックします。「ユーザアカウント制御」のダイアログが出た場合、「はい」ボタンをクリックするとインストーラーが起動します。


2. License Agreement(使用許諾契約)を確認した上で、「I accept the agreement」を選択し、「Next>」ボタンをクリックします。

「I accept the agreement」│KNIME

3. インストール先のフォルダを設定します。デフォルトでよい場合はそのまま、変更したい場合は「Browse...」ボタンをクリックしてフォルダを指定します。フォルダを決定したら「Next>」ボタンをクリックします。

「Select Destination Location」│KNIME

4. スタートメニューにKNIMEを表示するかどうか設定します。「Next>」ボタンをクリックすればインストール完了後にスタートメニューに「KNIME」が追加されます。追加したくない場合は、「Don't create a Start Menu folder」にチェックを入れます。

「Select Start Menu Folder」│KNIME

5. 仕上げの設定を行います。デフォルトでよい場合は「Next>」ボタンをクリックします。

「Select Additional Tasks」│KNIME

6. 「Specify Memory Settings」ダイアログが表示された場合、KNIMEで使うメモリ量の上限を入力して、「Next>」ボタンをクリックします。


7. ここまで実施してきた設定が一覧表示されます。「Install」ボタンをクリックするとインストールが開始されます。

「Ready to Install」│KNIME

8. 「Completing the KNIME Analytics Platform Setup Wizard」のメッセージが表示されればインストール完了です。「Launch KNIME Analytics Platform」にチェックを入れたまま「Finish」ボタンをクリックすると、 KNIME Analytics Platform が起動します。

「Complete」画面│KNIME

9. 「Select a directory as workspace」ダイアログが表示されたら、ワークスペースにするフォルダを設定します。ワークスペースとは作成したワークフローやログの保存先です。次回以降、このダイアログが表示されないように「Use this as the default and do not ask again」をチェックした後、「OK」ボタンをクリックします。

「Select a directory as workspace」│KNIME

10. 以下の画面が表示されれば、準備完了です。さっそくワークフローを作成してみましょう。

「Desktop」画面│KNIME