KNIME

ワークフロー型データ分析プラットフォーム

KNIME Analytics Platform | KNIME

KNIME Analytics Platform とは?

KNIME Analytics Platform(以下、KNIME) は ワークフロー型データ分析プラットフォームを提供するオープンソースソフトウェアです。ノードと呼ばれる機能のかたまりを線でつないで、さまざまな処理を実現します。1000を超えるノード、数多くのワークフローサンプル、包括的な統合ツール、様々なアルゴリズムが利用できます。無償のオープンソースソフトウェアであるため、誰でも今すぐ使い始めることができます。

end-to-end_analytics_workflow

KNIME の歴史

2004年にコンスタンツ大学において、医薬品分野を専門とするシリコンバレーのソフトウェア会社からやってきた開発者チームが、共同開発ツールとして新しいオープンソースプラットフォームの開発に着手しました。厳しいソフトウェアエンジニアリング基準を遵守し、データの読込、変換、分析、視覚探索モデルなどの機能を含み、堅牢でモジュール性が高く、柔軟な拡張性をもつプラットフォームを作成しました。

2006年にKNIMEの最初のバージョンがリリースされ、いくつかの製薬会社がそれを使い始め、その後ソフトウェアベンダーがKNIMEベースのツールを構築していきました。現在、KNIMEのユーザーは、ライフサイエンス、金融サービス、出版社、小売業者、インターネット小売業者、製造コンサルティング会社、政府、研究など幅広い業界の50カ国以上の大企業で利用されています。

KNIME の特徴

オープンソースソフトウェア

  • GPLv3ライセンスで提供されているため、誰でも無償で利用することができます。
  • 主要なオペレーティングシステム(Windows/MAC/Linux)に対応しています。
  • 一度作成したワーフクローは新しいバージョンでも利用できます。(下位互換性を保証)

1000を超えるノードが様々な機能を提供

  • 様々な形式のファイルの読み書き、データベースの操作
  • 豊富なデータ(XML、JSON、画像、ドキュメントなど)の処理
  • 様々ブレンドおよび変換
  • 数学と統計関数
  • 高度な予測および機械学習アルゴリズム
  • ワークフロー制御
  • Python、R、SQL、Java、Wekaなどのツールブレンディング
  • インタラクティブな可視化とレポート
  • 時系列、画像、テキスト、ネットワーク解析 など
knime-analytics-platform