2017年4月3日

働き方改革第1弾「G-tan(ジタン)経費精算」を提供開始
~WEB ERP「GRANDIT®」に連携するクラウドサービス~

PDF版はこちらから(PDF:488KB)

 インフォコム株式会社(東京都渋谷区)は、「GRANDIT」ユーザー向けにスマートフォンで簡単入力できる経費精算クラウドサービス「G-tan経費精算」を2017年4月より提供開始しました。

【「G-tan経費精算」の概要、特長】
 お客様訪問や外出の多い営業部門の皆様が利用する場合等、Suica、PASMO等の交通系ICカードに記録された利用履歴をスマートフォンで読み込み「GRANDIT」に連携することで、経費精算業務に費やす時間を80%以上短縮できます。(*当社の実証実験データより)
 スマートフォンやタブレットを利用して、場所にとらわれず移動中のすきま時間も有効に活用できるため、働き方改革の実現に、また残業時間の削減に寄与するサービスです。

【提供価格等】
・法人契約:月額利用料4万円(経費精算申請件数100件/月まで)、申請100件ごとに2万円加算
今後、改正e文書法や電子帳簿保存の対応も視野に、3年間で100社への導入を目指します。

【利用イメージ】

【モニター募集】
 先着10社限定で本サービスのモニターを募集します。当社からデモシステム及び必要機器を貸し出しますので、お問い合わせ先に記載のGRANDIT事業部までご連絡ください。

 当社及びGRANDIT株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 石川研一)を中核とするGRANDITコンソーシアムは、様々な分野や領域において豊富な実績を持つパートナー企業のノウハウを「GRANDIT」に取り入れる等、今後もパートナー企業との連携を強化し、GRANDIT事業の展開を加速します。

以上


<報道関係のお問い合わせ先>

広報・IR室
03-6866-3160
pr@infocom.co.jp

<事業に関するお問い合わせ先>

GRANDIT事業部
03-6866-3680
info-grandit@infocom.co.jp

※本リリースに記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。