News >>プレスリリース


[2013/11/26]
TBSテレビと、マーケティング分析サービスの企画開発で協業
〜消費者嗜好分析サービス「Histrend(ヒストレンド)」を来年1月より提供開始〜

 インフォコム株式会社(東京都渋谷区以下インフォコム)と株式会社TBSテレビ(東京都港区 代表取締役社長 石原 俊爾、以下TBSテレビ)は、マーケティング分析サービスの企画開発で協業し、2014年1月から、企業のマーケティング/プロモーション/商品開発関連部門向けに消費者嗜好分析サービス「Histrend(ヒストレンド)」の提供を開始します。

【サービス開発の背景】
 昨今の企業活動におけるIT活用の拡充により、企業は非常に大量のデータを蓄積させています。この中には、保有するデータを分析活用することでその企業の事業拡大に役立つこともあれば、分析したデータを広く産業界に配することで、新たな産業/事業/サービスの創出や、拡大/成長の大きなヒントなるものもあります。場合によっては、企業/産業の枠を超えて活用され、経済成長に大きな影響を与え得ることもあります。

 TBSテレビは、1975年から約40年間継続して、消費者の趣味や嗜好に関する調査(TBS総合志嗜好向調査)を行っており、非常に膨大な量の各種データを蓄積しています。一方、インフォコムは、ビッグデータ活用による企業活力向上をサポートすることを目的としたサービスやソリューションの提供など、データサイエンス事業の業容拡大を進めていることから、今回の協業および「Histrend(ヒストレンド)」の企画開発、提供開始に至りました。


【消費者嗜好分析サービス「Histrend(ヒストレンド)」とは】
 「Histrend(ヒストレンド)」は、TBSテレビが約40年にわたり実施している「TBS総合嗜好調査」の蓄積データを基に、「共に好まれる項目はどのようなものかを視覚的にわかりやすく表示する」サービスです。統計解析の手法を用いた分析により、共に好まれる項目(相関が強い項目)や、さらに年代別に相関関係がどのように変化しているかを可視化して提供するものです。「Histrend」を利用することで、新しい商品やサービスを企画・開発する際に、ターゲットである消費者の嗜好に関するイメージを掴めるので、「アイディアの創出」や「プロモーション活動の効果予測」などでの効果を期待できます。

 また、過去数十年間に遡って特定のブランドやモノ、人物等の嗜好性の変化などの大きな「トレンドの流れ」を把握することも可能で、「特定の世代に絞ったブランドや製品の開発」に役立てることができます。
(例:「漫画ONE PIECE」と「ミスタードーナッツ」「ドン・キホーテ」のコラボレーション企画など)


【提供方法】
 アカウント設定等の初期費用を10万円、年間利用料30万円で提供いたします。インターネットの専用サイトからログインし、情報の検索、閲覧をすることが可能です。

【今後の展開】
 本サービスのユーザーがより有益な気付きを得るために、インフォコムの経験を積んだデータサイエンティストが基礎的な分析からサービスの活用法までを幅広くサポートいたします。

 具体的な例としては、
 「世代、性別、年代といった切り口で消費者を分類することで、相関のあるモノの組み合わせにより特定できる人物像(ペルソナ)と、同じ経験をした同年代の消費者が時間の経過とともに彼らの好み等がどのような変化するかを時系列に分析する手法(コーホート)を組み合わせた分析例」
などの情報を定期的に発信し、企業のマーケティング/プロモーション/商品開発関連部門向け、またビジネスパーソンに皆様に、統計解析に基づく新しい気づきや価値を提供してまいります。

 なお、提供する情報は随時アップデートし、また、情報ジャンルも調査の内容を踏まえ拡張していく予定です。

以上

【TBSテレビ「TBS総合嗜好調査」について】
 TBSテレビが毎年実施している、消費者の日常生活に密着した多様な物事についての”人の好み(嗜好性)”やその年のトレンド等をとらえる目的で、個人単位で行う調査。「幅広い分野を網羅」「より詳しい調査項目を対象としている」ことが大きな特長です。放送メディアの得意領域である、ブランドやモノ、人物(タレント)等といった多岐にわたる“人の好み(嗜好性)”について調査データが蓄積されており、広告宣伝、商品開発、マーケティングなどの分野において有用な情報源となっています。

【インフォコムのデータサイエンス事業について】
 インフォコムグループでは、現在、ヘルスケア(医療機関、医薬品関連企業、創薬支援、健保組合等向け)、ネットビジネス(消費者向けサービス)、ERP(中堅企業向け)、基幹システム構築(大手企業向け)等の各領域で、事業を展開しています。多くのお客様において、ITシステムの提供だけではなく、お客様が保有する大量データの解析や「大量データハンドリング」なども手掛けており、ビッグデータ分析の技術/手法を培ってきています。
 2013年1月から、これらの技術/手法をベースにビッグデータ活用による企業活力向上をサポートする「データサイエンス事業」に参入しています。すでに様々な領域において多くの経験を持つデータサイエンティストを採用し、事業推進体制を強化しています。
 また、当社によるデータ分析の他に、2013年2月から日本国内で初のデータ分析・予測モデル作成のクラウドソーシング・マッチングサイト「CrowdSolving®(クラウドソルビング)」を開始し、すでに
・コンテンツ販売サービスの会員離脱予測モデルの作成
・電子書籍配信サイトでの顧客行動ログ分析
などのデータ分析・予測モデル作成コンペが実施されています。

【「Histrend(ヒストレンド)」サービスのイメージ】

【「Histrend(ヒストレンド)」サービスの画面イメージ(開発中)】

<サービスに関するお問合せ先>
インフォコム株式会社
ヘルスケア事業本部 ヘルスケアサービス部
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel  :03-6866-3390
E-mail:data-science@infocom.co.jp


<リリースに関するお問合せ先>
インフォコム株式会社
広報・IR室
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel  :03-6866-3160
E-mail:pr@infocom.co.jp
URL :http://www.infocom.co.jp/
※ 本リリースに記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。