News >>プレスリリース


[2013/11/25]
医療機関看護部門向け勤務管理システムの販売を開始
〜 新たな領域として、看護部門向けITソリューションの展開を開始。
診療報酬改定や法改正など多様化する勤務形態に的確に対応。〜

 インフォコム株式会社(東京都渋谷区 以下、インフォコム)は、医療機関の看護部門管理ソリューションとして「CWS 看護勤務管理システム」の販売を2014年1月から開始します。

【「CWS看護勤務管理システム」販売開始の背景】
 ここ数年、医療機関を取り巻く環境は急激な変化が続いています。とりわけ、2006年以降の入院基本料の導入、育児・介護休業法や労働基準法の法改正、医療従事者不足の解消や労働環境改善に向けたワーク・ライフ・バランス推進など、様々な制度改正や取り組みは医療機関の職員管理/勤務管理業務にも多大な影響を及ぼしています。また、加速する高齢化社会の進行に伴う社会保障制度改革や病院機能再編など、医療機関はより一層の社会福祉環境への対応が求められています。

 インフォコムは、これまで多くの医療機関にITシステムの構築を手掛ける中、看護部門における勤務環境の変化や制度改正などに伴う業務負荷が増大している状況を身近に感じると共に、ITシステム活用による業務の精度向上や効率化を望む現場の声をお聞きしてきました。これらのご要望に応えるべく、この度、看護部門が今後の環境変化に対応していくためのツールとして「CWS看護勤務管理システム」を開発、ご提供を開始することといたしました。


【「CWS看護勤務管理システム」について】
 「CWS 看護勤務管理システム」は、多様化する勤務形態に対応するために必要な「医療機関の職員管理業務/勤務管理業務機能」と「勤務表作成などの看護部門に特化した機能」を標準装備し、業務の効率化はもとより、労働関連法規や就業規則、公益社団法人日本看護協会の「夜勤・交代制勤務に関するガイドライン」を遵守した職員管理、勤務管理を実現します。


【「CWS看護勤務管理システム」の機能/特長】

機能
概要
職員管理 職員一覧、職員プロファイル、業績、検索&データ出力、退職者動向分析
勤務表作成 勤務表作成、タイムスケジュール勤務計画表作成支援(エラーチェック)、自動作成、勤務表、リリーフ勤務入院基本料などの施設基準に係る届出書添付書類出力機能(様式8、様式9)
時間外管理 実績入力、時間外管理、超過勤務命令簿(勤務時間管理簿)、給与データ出力
インターフェース 電子カルテシステム、人事給与システム、各部門システムとの情報連携機能

特長 概要
タイムスケジュール機能 <急増する短時間勤務、部分休業への対策>
1日を24時間スケールで表示。時間休や部分休業の取得時間、研修等で職場を離れる時間などの確認が可能。これらの時間を考慮して、実際に勤務する職員数を30分単位で表示。「多様化する勤務形態」に対応し、きめ細かい勤務計画を管理することが可能。
勤務計画表作成支援
(エラーチェック)機能
<労働条件・労働環境の改善をサポート>
日本看護協会「夜勤・交代制勤務に関するガイドライン(平成25年度版)に準拠したエラーチェックが可能。夜勤・交代制勤務の負担を軽減する勤務計画の作成をサポート。
退職者動向調査機能 <退職者の勤務動向を把握、改善に向け在職者へフィードバック>
退職者に関する統計帳票を提供。退職者の動向を把握することができ、職員定着のために役立てることが可能。
リリーフ勤務機能 所属間のリリーフ勤務の登録が可能。リリーフ勤務職員が、リリーフ先の勤務表にも表示される。
時間外管理機能 時間外勤務の申請から承認までをサポート。各種統計帳票も提供。
入院基本料などの施設基準に係る届出書添付書類出力機能 勤務実績や時間休、リリーフ勤務の情報を活用し、自動で「様式8」「様式9」を出力。
職員プロファイル 免許や資格、学歴など、職員のプロファイルを管理。その情報を基に検索やデータ集計も可能。
基本情報、免許/資格、学歴、委員会、所属団体、長期休業、産休・育児休暇、職歴、連絡先、家族、研修受講履歴など


【今後の展開】
 インフォコムは、医療機関内情報システムの一分野として、看護部門向けソリューションへの注力を進め、今回提供を開始する看護勤務管理システムに続き、病棟日誌や看護管理日誌などの「各種日報作成機能」、キャリアラダーの評価や院内研修計画の立案/受講管理などの「キャリア開発支援機能」を順次提供する予定です。
 また、「手術部門システム」や、「チーム医療管理システム」など、インフォコムの既存製品/サービス群との連携強化を図り、医療機関の業務品質向上や効率化をサポートする情報管理システムの拡充を進めてまいります。

以上

【インフォコムのヘルスケア事業について】
 インフォコムは、2013年3月期を初年度とする中期経営計画(2012年2月公表)において、医療機関や製薬企業、健康保険組合向けにITサービスを提供するヘルスケア事業を重点事業領域の一つに位置付け、製品/サービス機能の強化や品質向上、競争力強化に取り組んでいます。
 医療機関向けITサービスでは、医療機器/医療システムとの連携により、広範囲な医療情報を有効活用する「放射線情報システム」「医用画像システム」「診療情報システム」「薬剤情報システム」などのソフトウェア製品やソリューション、情報サービスを提供しており、多くの医療機関でご利用いただいております。これら既存の製品/サービス群に加え、新たに「災害・救急自動車映像伝送システム」などの提供も開始しています。
 また、製薬・医療機器関連企業のセールス&マーケティング活動をサポートする最先端のITサービスや、健康保険組合の医療費適正化や加入者の利便性向上を支援するサービスなど、医療関連分野におけるサービス領域の拡大を進めています。

【「CWS看護勤務管理システム」のシステム全体イメージ】



<ご参考>【用語解説】
■キャリアラダー
「キャリアアップのための“はしご(ラダー)”」という意味。仕事の難易度などで複数の職階に細分化し、ステップごとの職務内容や必要なスキルを明確にすることで、下位職から上位職へのキャリアアップの行程と能力開発の機会を提供するしくみのこと。

■チーム医療
褥瘡(じょくそう)/緩和ケア/栄養/感染などの領域で、異なる診療科の医師や看護師、作業療法士、栄養士、医療ソーシャルワーカーなどがチームを組んで推進する医療形態。

公益社団法人日本看護協会
看護の資格を持つ個人が自主的に加入し運用する、日本最大の看護職能団体

■褥瘡(じょくそう)
一般的には「床ずれ」という。皮下組織などの壊死により、その部位の機能が停止した皮膚の潰瘍のこと。寝たきりなどによる長期間の持続的圧迫が主な要因。

■入院基本料
診療報酬に定められる基本点数。平均在院日数(患者の入院期間の平均値)と看護配置(看護師一人当たりの患者数)により算出される。

 

<製品に関するお問合せ先>
インフォコム株式会社
ヘルスケア事業本部 病院情報システム部
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel  :03-6866-3780
E-mail:med-sales@infocom.co.jp
URL :http://www.infocom.co.jp/healthcare/


<リリースに関するお問合せ先>
インフォコム株式会社
広報・IR室
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel  :03-6866-3160
E-mail:pr@infocom.co.jp
URL :http://www.infocom.co.jp/
※ 本リリースに記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。