News >>プレスリリース


[2013/10/30]
インフォミュートス、医薬品・ヘルスケア業界向け
営業支援クラウドサービスの提供を開始
〜 多店舗巡回型(ラウンダー)営業マンの活動を、組織全体でフォロー 〜

 インフォコム株式会社(東京都渋谷区、以下インフォコム)のグループ会社で、医薬品・ヘルスケア業界向けのCRM関連事業を進めるインフォミュートス株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 加地 秀章、以下インフォミュートス)は、医薬品・ヘルスケア関連業界向け営業・マーケティング支援システム開発を行う株式会社ミュートス(大阪市中央区 代表取締役社長 富山 慎二、以下ミュートス)との製販連携のもと、11月より医薬品・ヘルスケア業界向け営業支援クラウドサービス「DS-SFA」の販売を開始いたしますのでお知らせします。


 「DS-SFA」は、医薬品・ヘルスケア関連業界において特に業種特化の視点を広げ、多店舗巡回型(ラウンダー)営業という「業務」の視点で必要な要素をシンプルに組み込んだ営業支援クラウドサービスで、一般用医薬品、動物薬、医療機器、医薬品卸、化粧品、健康食品、ヘルスケア品販売等の企業の活用が期待されます。
 インフォミュートスでは、「DS-SFA」を、取扱開始から3年間で80社への販売を目標としています。


 詳細は以下をご覧ださい。

以上

 【インフォコムグループのヘルスケア事業について】
 インフォコムは、2012年2月に公表したインフォコムグループ中期経営計画(2013年3月期〜2021年3月期)において、医療機関や医薬品業界、健康保険組合向けにITサービスを提供するヘルスケア事業を重点事業分野の一つに位置付け、製品/サービス機能の強化や品質向上、競争力強化に取り組んでいます。

 医療機関や医薬品業界、健康保険組合向けサービスでは、医薬品・医療機器関連企業のセールス&マーケティング活動をサポートする最先端のITサービスや、健康保険組合の医療費適正化や加入者の利便性向上を支援するサービスなど、医療関連分野におけるサービス領域の拡大を進めています。
 医療機関向けITサービスでは、医療機器/医療システムとの連携により、広範囲な医療情報を有効活用するソフトウェア製品やソリューション、情報サービスを提供しており、多くの医療機関でご利用いただいております。また、既存の製品/サービス群に加え、新たに「手術部門システム」や「看護勤務管理システム」、「災害・救急自動車映像伝送システム」などをリリースしています。

 インフォミュートスは2013年9月にインフォコムとミュートスが共同出資で設立した医薬品・ヘルスケア関連業界向け営業・マーケティング支援システムの営業企画・販売会社です。

2013年10月30日
インフォミュートス株式会社
代表取締役社長 加地 秀章
インフォミュートス、営業支援クラウドサービス
「DS−SFA」の提供を開始
〜 医薬品・ヘルスケア・食品等多店舗巡回型営業をサポート 〜

 インフォコムグループのインフォミュートス株式会社(東京都渋谷区、以下インフォミュートス)は、医薬品・ヘルスケア関連業界向け営業・マーケティング支援システム開発を行う株式会社ミュートス(大阪市中央区 代表取締役社長 富山 慎二、以下ミュートス)との製販連携のもと、11月より営業支援クラウドサービス「DS-SFA」の販売を開始いたしますのでお知らせします。


【概要】
 「DS-SFA」は、当社が提供する医薬品・ヘルスケア関連業界向けソリューションのなかでも、業種特化の視点を広げ、多店舗巡回型営業という「業務」の視点で必要な要素をシンプルに組み込んだ営業支援クラウドサービスです。

 「手帳代わりにみんなで書き込み」をコンセプトに、これまでの営業管理システムでありがちな、数字と営業活動の「管理」中心ではなく、一人の営業マンを組織全体でフォローすることで、個人が気づき、個人が伸び、組織も伸びるという思想をもとに設計されています。
 「DS-SFA」リリースの経緯といたしましては、プロトタイプ版が国内動物用医薬品メーカー様の営業支援システムとして採用され、それをきっかけに機能全般を汎用化しクラウドサービス化しました。適用業態としては、一般用医薬品、動物薬、医療機器、医薬品卸、化粧品、健康食品、ヘルスケア品販売等での活用が期待されます。

 これまで当社およびミュートスが主力とする「MR-SFA」は、活動予実や実消化、医師ターゲティング、エリア政策などの業務運用系に強みをもち医療用医薬品メーカー様を中心にご利用いただいてまいりましたが、このたびの「DS-SFA」のラインナップ化により、適用業態の幅を広げてサービスをお届けできるようになります。


【「DS-SFA」の主な特長】
・クラウドサービスなので初期費用、運用コストを抑えることができ、投資対効果を高めます
・お客様の社内システム、データ等との連携も可能で、お客様個々の課題への対応が図れます
・マルチデバイス対応(PC/Web、各社スマートフォン、タブレット)だから端末を選びません


【主な機能】
・ダッシュボード、メンバーカレンダー、予実管理、タイムライン、キャンペーン、ナレッジ、各種マスタ管理

詳細情報はサービスご紹介サイトをご覧ください。
http://dssfa.jp


【今後の展開】
 「DS-SFA」に蓄積された営業活動データをお客様個々の営業課題に応じて分析するサービスを、「データ分析/予測モデル作成コンペサービス “CrowdSolving”(https://crowdsolving.jp)」を活用して提供する予定です。
 また、Amazon Redshiftやその他クラウドDWHを活用し、カジュアルでありながら、高機能なビジネスインテリジェンスを提供する予定です。

 医療用医薬品業界では、MRと医師の面会時間の減少、活動に関する各種規制など、MR活動を取り巻く環境は年々複雑性を増しており、かつて重視されていた「活動の量」ではなく、「活動の質」向上に目を向けた環境や情報コンテンツの整備が問われております。
 また、業種を問わず営業上の課題として、情報の共有と有効活用、顧客満足度の向上、意識改革などが営業部門の意見として上位を占めております。
 このような中、営業活動に進化をもたらす、お客様との接点を増やすことに力点を置いた大幅な組織変更や設備投資の動きは各業界とも活発ですが、インフォミュートスおよびミュートスはこれまでの医薬品・ヘルスケア関連業界向け営業・マーケティング支援システムの開発ノウハウや経験をもとに、今後必要となる営業活動スタイルをお客様と一緒に創造し、いち早くそれを支えるシステムサービスを提供してまいります。

以上


【インフォミュートスについて】 http://www.infomythos.co.jp/
 インフォミュートスは2013年9月にインフォコムとミュートスが共同出資で設立した医薬品・ヘルスケア関連業界向け営業・マーケティング支援システムの営業企画・販売会社です。
 インフォコムグループでは、2012年2月に公表したグループ中期経営計画(2013年3月期〜2021年3月期)において、医療機関や製薬企業、健康保険組合向けにITサービスを提供するヘルスケア事業を重点事業分野の一つに位置付け、製品/サービス機能の強化や品質向上、競争力強化に取り組んでいます。


<ご参考>
【用語解説(五十音順)】

■一般用医薬品
医師による処方箋(せん)がなくても薬局・薬店で購入できる医薬品である。一般薬、大衆薬、市販薬などとも言われている。薬局・薬店のカウンター越しに手渡されることもあるため、Over the Counterdrugを略してOTC薬と呼ばれることもある。

■医療用医薬品
主に病院などの医療機関の医師の診断と処方に基づき使用される医薬品である。

■マルチデバイス
サービスやコンテンツを複数の端末(デバイス)間で共通して利用できること、あるいは、特に複数の端末間で情報を同期し、場合に応じて利用する端末を選びながら利用・視聴ができること。

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
インフォミュートス株式会社
企画営業部 石川
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel  :03-6866-3044
E-mail:sales@infomythos.co.jp
URL :http://www.infomythos.co.jp


<リリースに関するお問合せ先>
インフォコム株式会社
広報・IR室
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel  :03-6866-3160
E-mail:pr@infocom.co.jp
URL :http://www.infocom.co.jp
※本リリースに記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。