News >>お知らせ


[2013/09/24]
BCP(事業継続計画)分野でのビジネス拡大を目指し
江守商事との協業を開始
〜企業のリスクマネジメントサポートを強化〜

 インフォコム株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 竹原 教博、以下インフォコム)は、BCP(事業継続計画)分野でのビジネス拡大を目指し、危機管理関連ソリューションを手掛ける江守商事株式会社(福井県福井市毛矢1丁目6番23号 代表取締役社長 江守 清隆、以下江守商事)と協業を開始いたします。インフォコムが提供する緊急連絡/安否確認システム「エマージェンシーコール®」と江守商事が提供する全世界で約2,500社の導入実績を持つリアルタイム事業継続計画(BCP)策定/管理サポートシステム「LDRPS」(開発・販売元:SunGard Availability Services)を相互に販売出来る体制を整え、企業のリスクマネジメントを総合的にサポート可能なサービスとして展開を進めてまいります。

 インフォコムでは、お客様志向を基本とした新たなキーメッセージとして、ICTを活用して企業が抱える経営課題やリスクを迅速かつ柔軟に解決し、お客様企業の企業価値向上をサポートする「スマート経営®(商標登録 第5482956号)の実現を掲げ、さまざまな企業向けの製品・サービスを展開しております。
 その中で、BCP(事業継続計画)における初動体制で必要となる社員の安否確認や、その後の要員招集・行動指示等、自然災害時において、“素早く”、“確実に”、“回答率90%以上の高い回答率” を実現する「エマージェンシーコール®」は、大企業や官公庁を中心に700法人(160 万ユーザー)を超えるお客様にご利用いただいております。

 昨今、各地で地震が頻発している状況もあり、現状策定しているBCP施策の見直しやより強固なBCPの策定など、企業の危機管理・災害対策のご担当者様は多くの点で頭を悩ませています。
 「何から手を付けるべきか」「どの点を強化したらよいか」といった悩みに対して、リアルタイムに事業継続計画(BCP)を策定、管理をサポートするシステム「LDRPS」を用いることにより、ビジネスへの影響分析や結果事象の予測に基づいたBCPの立案が可能になります。

 「エマージェンシーコール®」と「LDRPS」は、コンセプトや顧客ターゲットが近いことより、それぞれのサービスを利用いただいているお客様に互いの商材を紹介し合うことで、顧客企業のBCPマネジメントの強化が図れると考えています。さらに今後展開を計画する両社サービスの連携により、さらに充実したリスクマネジメントのサポートが可能になります。


【「LDRPS」について】 http://www.emori.co.jp/ldrps/
江守商事が国内総販売代理店として取り扱う「LDRPS」は、事業継続計画(BCP)の策定/更新をサポートするパッケージソフトウェアです。業種業界を問わず、企業のBCP策定を手助けします。

「LDRPS」の主な特長
  @結果事象を復旧するBCPを策定
・地震や洪水、インフルエンザといった脅威の種類に依存したBCP(例:地震用BCP、パンデミック用BCPなど)ではなく、脅威が発生した結果に起こった事象(例:ホストコンピュータの停止、社員出勤率半減による出荷業務の停止など)を復旧させるBCPを策定。
   
  Aボトムアップでデータを収集/更新
支店や工場など実際の担当者が現場からデータ入力を行うことで、BCP管理者は最新データ(生きたデータ)を使いBCPを策定。LDRPSでは、遠隔地にいる担当者もInternet Explorerを介してデータの入力が可能。
   
  Bレポートの組合せでBCPを策定
「レポート」を組合せることで、LDRPSに蓄積された様々なデータの中から、策定するBCPで必要となるデータだけを抜き出しBCPを策定。付属ソフトウェアCrystal Reportsを使用し、標準レポートのカスタマイズも可能。


【「エマージェンシーコール®」について】 http://www.infocom-sb.jp/
インフォコムが提供する緊急連絡/安否確認システム「エマージェンシーコール®」は、平成23年3月11日に発生した東日本大震災発生時の社員の安否確認や、計画停電発生時の社員への一斉連絡等での稼働実績を背景に、大企業や官公庁を中心に700法人(160 万ユーザー)にのぼる豊富な導入実績を有するサービスで、BCPの初動体制で必要となる社員の安否確認や、その後の要員招集、行動指示等でご利用を頂いています。
平成25年11月からはグループ企業を有する大規模企業向けに、管理者権限や掲示板機能の権限設定を拡充したバージョンをリリースするほか、津波警報と連動した自動配信機能の追加を予定する等、更なるサービスの向上を図っています。

以上

<ご参考>【用語解説(五十音順)】

■BCP
Business Continuity Plan の略。企業が災害や事故等に遭遇し、通常の事業活動の継続が困難となった場合に、事業資産の損失を最小限に止め、必要な業務を柔軟に継続させ、できる限り早期に事業活動上重要な事業、機能を復旧するために、平常時の計画、準備や緊急時の方針、対策、手段を取り決めておく経営計画及び一連のプロセス。

■スマート経営®
インフォコムが考えるソリューション提供のキーメッセージ(商標登録 第5482956号)。企業が抱える経営課題やリスクに対し、迅速に「判断」→「対応」→「解決」し、厳しい経営環境を乗り越え企業価値を高めることが出来る経営。ICTを「いつでも、どこでも」適切に活用し、新しいコンセプトで企業価値創造をサポートする。

<エマージェンシーコール®に関するお問合せ先>
インフォコム株式会社
サービスビジネス事業本部サービスビジネス営業部
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel  :03-6866-3450
E-mail:emc-info@infocom.co.jp
URL :http://www.infocom-sb.jp/


<LDRPSに関するお問合せ先>
江守商事株式会社 (東京支社)
情報システム事業部ソリューション営業
ITプロジェクト営業グループ
東京都千代田区内幸町1-1-7 NBFビル12階
Tel  :03-3508-1510
E-mail:bcm-info@emori.co.jp
URL :http://www.emori.co.jp/ldrps


<リリースに関するお問合せ先>
インフォコム株式会社
広報・IR室
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel  :03-6866-3160
E-mail:pr@infocom.co.jp
URL :http://www.infocom.co.jp/
※ 本リリースに記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。