News >>プレスリリース


[2013/02/21]
インフォコム、完全Web-ERP「GRANDIT®」V2.0に対応した
商社/卸売業/情報通信/サービス業向けGRANDITテンプレートを提供開始

 インフォコム株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 竹原 教博、以下インフォコム)は、完全Web-ERP「GRANDIT®の最新版であるV2.0に対応させた商社/卸売業/情報通信/サービス業向けGRANDITテンプレートを平成25年2月より提供開始いたします。
 当社が提供するGRANDITテンプレートを最新版のV2.0に対応させることにより、商社/卸売業/情報通信/サービス業でGRANDIT®V2.0の導入を検討されるお客様の導入期間と導入コストを最小限に抑えることが可能となります。

【製品展開の背景】
 企業活動の範囲は国内から海外へ、そして管理の範囲も企業から企業グループへと拡大し、海外拠点や小規模企業を含めたグループITガバナンス強化とグループ全体での新たなIT戦略の構築が必要とされています。GRANDIT株式会社及びGRANDITコンソーシアムは、これらのニーズと多くの導入実績から培ったノウハウを基に新バージョンGRANDIT V2.0を開発し平成25年2月より提供を開始いたしました。

 インフォコムでは、お客様志向を基本とした新たなキーメッセージとして「スマート経営®の実現を掲げ、企業が抱える経営課題やリスク解決をサポートするソリューションやサービスの提供を進めています。

 当社がご提供するソリューション群には商社や卸売業、情報通信、サービス業などの業種に特化した機能を実装したGRANDITテンプレートがあり、今回GRANDIT最新版のV2.0へ対応させたことにより、導入期間と導入コストを最小限に抑えることが可能となります。

 なお、本テンプレートは2013年2月22日(東京:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター)、および3月5日(大阪:ブリーゼプラザ)で開催される「GRANDITコンソーシアム&ソリューションセミナー2013」の当社プログラム内でご紹介しております。


GRANDITテンプレート製品概要
貿易管理テンプレート
 「貿易管理テンプレート」は、貿易業務に必要な契約管理・船積管理等をサポートする「GRANDIT®」のテンプレートです。これまで多くの商社企業に導入した中で、貿易業務に関わる契約情報管理や、船積管理、売上仕入計上の連携、諸掛(運送費、運送保険、関税など)・口銭(仲介手数料)の連携などの業務ノウハウを集約したテンプレートです。
http://www.infocom.co.jp/grandit/LP/trade_control.html

プロジェクト原価管理テンプレート
 「プロジェクト原価管理テンプレート」は、工事進行基準対応が必要となる「情報サービス業」「建設・工事業」を始めとした幅広い業種・業態に適用可能な、プロジェクト(契約)別収支管理・個別原価管理の進捗を可視化するテンプレートです。
http://www.infocom.co.jp/grandit/LP/cost_control.html

■継続契約オプション
 「継続契約オプション」は、保守料や点検料のように毎月定期的に売上、仕入が発生する取引について、自動売上計上/自動仕入計上が可能となり、毎月一括して売上、仕入計上を行う手間を大幅に削減します。また、顧客との契約情報と仕入情報を紐づけて管理することで、仕入れ忘れや発注ミスを未然に防ぐことが可能なテンプレートです。
http://www.infocom.co.jp/grandit/approach/pdf/keizoku_leafret.pdf

■BIダッシュボード for GRANDIT®
 「GRANDIT®」に蓄積された膨大なデータの自動集計とリアルタイムな経営分析環境を低コストで実現するBIソリューション。分析データをパソコンやタブレット端末上でよりグラフィカルに表現し、経営層の意思決定を迅速化することが可能となります。
http://www.infocom.co.jp/grandit/LP/BI_dashboard.html

【用語解説(五十音順)】
■GRANDIT®

 2004年5月に販売を開始した 「GRANDIT®」は、コンソーシアム方式により業界を代表するSI企業のノウハウを集大成したWeb-ERPで、経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費の計10モジュールにより構成されています。BI(ビジネスインテリジェンス)、EC、ワークフロー等を標準搭載し、多通貨機能、マルチカンパニー、柔軟な組織変更への対応等、中堅企業向けながら、大企業にも必要とされる機能を豊富に盛り込んだ製品となっています。また、内部統制対応機能も豊富に揃え、オプションとして文書コンテンツも提供しています。インターネット時代を代表する完全Web対応という先進的な特徴が評価され、これまで580社2,400サイトを超える導入実績を上げており、日本を代表するERPとして急成長している製品です。

■GRANDIT® V2.0
 GRANDIT2.0は、多言語、多通貨対応により海外拠点での利用が可能なことに加え、完全Web-ERPであることで各クライアントPCのセットアップなどは不要になり、企業データの一元管理や点在する海外拠点へのシステム展開も容易になります。海外グループ拠点を含めた情報のリアルタイム連携を実現することで、海外生産拠点に留まらない企業グループのグローバル展開を支援します。そして、Web標準技術をそのまま用いてクロスプラットフォーム対応(OSに依存しないアプリケーション)のモバイル・アプリケーション開発が可能となり、企業におけるスマートデバイスの導入・活用による更なる競争力強化を支援します。


■スマート経営®
 インフォコムが考えるキーメッセージ(商標登録 第5482956号)。企業が抱える経営課題やリスクに対し、迅速に「判断」→「対応」→「解決」し、厳しい経営環境を乗り越え企業価値を高めることが出来る経営。ICTを適切に活用し、新しいコンセプトで企業価値創造をサポートします。

以上
<製品・ソリューションに関するお問合せ先>
インフォコム株式会社
サービスビジネス事業本部 GRANDIT事業部
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel  :03-6866-3680
E-mail:info-grandit@infocom.co.jp
URL :http://www.infocom.co.jp/grandit/

<リリースに関するお問合せ先>
インフォコム株式会社
広報・IR室
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel  :03-6866-3160
E-mail:pr@infocom.co.jp
URL :http://www.infocom.co.jp/
※本リリースに記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。