クラウドサービス

完全Web-ERP「GRANDIT」を、データセンターに構築された仮想化基盤上で稼動する事により、自社にIT資産を所有しないお客様へ、月額料金制による新たなERPの利用形態をご提供いたします。

GRANDIT for Cloud

概要

「GRANDIT for Cloud」は、当社が提供する完全Web-ERP「GRANDIT」の豊富な導入実績に基づく業務ノウハウの中から、特に商社、卸売業、情報通信、サービス業等の業種に特化した機能を実装し、業種別に用意した業務シナリオに基づいた設定をあらかじめ「GRANDIT」に施す事で、導入期間と導入コストを最小限に抑制します。また、プライベートクラウド環境を用意する事で、「GRANDIT」の特長であるカスタマイズ性を損なう事なく、安全かつ拡張性の高いサービスをご提供いたします。

ページの先頭に戻る

システム構成

提供モジュール:経理、債権、債務、販売、調達・在庫、経費

ページの先頭に戻る

導入効果

  • ◆クラウド型ERPサービス
    ・クラウド環境への親和性が高い完全Web-ERP「GRANDIT」を採用
    ・仮想化基盤を利用してERPシステムの保守運用をフルアウトソーシング可能
  • ◆業種特化型アプローチ
    ・特定業種にあわせたGRANDITのパラメータをあらかじめ設定し、機能を限定・卸売、商社、IT通信業、サービス業向けに当社が開発したGRANDITアドオン・テンプレートを活用
    ・個別のカスタマイズを極力抑え、パッケージの標準業務フローに現行業務をあわせることで導入作業の工程を大幅にスリム化
  • ◆サービス利用開始後に発生するGRANDITのバージョンアップ、法改正対応を随時サービスに反映
    ・カスタマイズを極力抑えることで、定期的にリリースされるGRANDITのパッチ、バージョンアッププログラムを本サービスで即時に反映
  • ◆業界最高クラスのコストパフォーマンスを誇る低価格、月額固定料金による価格体系により一般的ERPに比べコストを抑制
    ・「仮想化ホスティングサービス」でハードウェアスペックを必要最低限に抑止
    ・クラウド向けにGRANDITライセンスの価格体系を設定
    ・複数企業が同一システムを利用することにより運用、保守コストを抑止

短期導入モデル

短期導入モデル

ページの先頭に戻る

費用対効果

費用対効果

ICTサービス(日本ユニシス)

日本ユニシス株式会社が保有する ICTホスティング環境と「GRANDIT for Cloud」が連携し、お客様側でのサーバー構築や運用保守作業の手間を省き、コスト削減に寄与します。
◆ICTホスティングサービスを利用した「GRANDIT for Cloud」のご紹介サイト http://www.businesspark.jp/aplist/2001_01.html
◆日本ユニシス株式会社 http://www.unisys.co.jp/