環境活動

インフォコム環境方針

インフォコムの企業理念は、ICTの進化を通して社会のイノベーションに貢献することです。
優れた技術と創造力により人間性豊かな社会の実現へ、環境マネジメントシステムの活用とグリーンITを取込んだ地球環境の保全と改善により、全従業員で取り組んでいます。

制定日:2004年4月 1日
改定日:2012年4月 1日
インフォコム株式会社
環境最高責任者 大垣 喜久雄

1.ビジネスを通しての環境改善の推進

ITソリューション・ITサービスの提供にてお客さま先での業務効率を向上させ、また社員の技術力の向上により、社内でも業務の効率化を図り環境改善へ繋げる。

2.環境負荷低減の推進

紙・電力等、資源・エネルギーの有効利用を実施し、地球温暖化防止及び環境保全を図る。

3.循環型社会に貢献

資源の再利用・再資源化の促進。

4.環境関連諸法規の順守

当社の事業活動に係わる環境関連の法規等についての徹底順守。

5.環境意識の向上

インフォコムグループに勤務する者すべてに環境方針を周知徹底し、全従業員参加の継続的な環境活動を図る。

グリーンIT

地球環境問題はますます深刻さを増してきており、ステークホルダーからのCSRへの要求の高まりや、 強化される環境法規制への適切な対応が求められています。
弊社ではグループ経営方針に「グリーンITによる環境貢献」を掲げ、社内の省エネ活動だけでなく、 環境負荷低減効果のある弊社製品・サービスの提供によりお客さまの環境貢献活動をサポートします。

※グリーンIT 地球環境に配慮したIT製品やIT基盤のこと。あるいは環境保護や資源の有効活用につながるIT利用を指し、主に以下の2つからなります。
Green of IT:IT機器の省電力化やリサイクル性向上などの「ITそのものの環境負荷低減」
Green by IT:ITを利用して生産や物流の最適化するといった「IT活用による環境負荷低減」

カーボン・オフセット

インフォコムでは平成21年度に株式会社フジテレビジョンとの協業、平成22年度には第2弾として、帝人株式会社との協業におけるカーボン・オフセット事業に取り組みました。

カーボン・オフセットとは?

カーボン・オフセットとは、市民・企業等が、CO2排出量のうち自身の努力の結果削減できない量の一部または全部を、他の場所で実現した削減・吸収量で埋め合わせる事です。
現代の人間が生活していく上では、必ず物を買ったり使ったり、また、どこかへ移動しなくてはなりません。物を作ればCO2が排出され、車を走らせればやはりCO2が排出されてしまいます。それらを全て止める事が出来ない事は明白な事実であるからこそ、環境負荷の低い素材や性能を用いた物を選ぶ事や、移動になるべく公共交通機関を利用する事もCO2削減の大きな一歩となります。

平成21年度の取り組み

環境省平成21年度カーボン・オフセットモデル事業について
環境省によるカーボン・オフセットの取組みを普及・促進するためのモデル事業として、
インフォコム株式会社・共同提案フジテレビジョン株式会社にて採択されました。
詳しくは環境省のサイト内にてご覧ください。

環境省 報道発表資料

オフセットの分類 商品使用・サービス利用オフセット/会議・イベント開催オフセット
オフセット対象 CDアルバムの製造工程や印刷工程、イベント開催に伴うCO2排出量
実施期間 CDアルバム『LOVE THE EARTH』発売:2010年2月17日(水)
フジテレビお台場本社屋25階球体展望室「はちたま」アルバム発売記念ライブ
開催日:2010年2月27日(土)13:00より
代官山「晴れたら空に豆まいて」アルバム発売記念クリスマス・ライブ
開催日:2009年12月25日(金)※開催済み
オフセット費用負担 インフォコム株式会社
クレジットの種類 J-VER
プロジェクト種類 北海道4町連携による間伐促進型森林づくり事業
プロバイダー 一般社団法人モア・トゥリーズ
無効化 2010年2月末日

平成22年度の取り組み

帝人(株)松山事業所の企業宣伝用看板2年間分の消費電力と、同事業所内グラウンドを本拠地とする「帝人サッカースクール」のエコサークル®対応商品であるユニフォームのCO2排出量を、愛媛県内子町や松山市といった地域に由来するクレジットでカーボン・オフセットすると共に、そのクレジットに纏わる環境教育体験講座を行う、地産地消型カーボン・オフセットを実施しました。詳細はプレスリリースをご覧ください。

プレスリリース

オフセットの分類 (1)特定者間完結型オフセット
(2)商品使用・サービス利用オフセット
オフセット対象 (1)帝人(株)松山事業所 企業宣伝用看板の2年間分の消費電力量のカーボン・オフセット
(2)「帝人サッカースクール」ユニフォーム製造に係るCO2排出量のカーボン・オフセット
オフセット実施内容 (1)-①オフセットする2年間分の消費電力量の内、1年間分の消費電力量10,100kwhを愛媛県松山市内で創出される「松山グリーン電力証書」にてカーボン・オフセット
(1)-②同じく1年間分の消費電力量をCO2排出量換算し、約6トン分のCO2排出量を、同県内子町で創出される「内子町J-VER(仮称)」にてカーボン・オフセット
(2)「帝人サッカースクール」に所属する小中学生200着分のユニフォームの製造に係るCO2排出量を算定し、その全量(約1トン分)を徳島県那賀町で創出される「とくしま絆の森J-VER」にてカーボン・オフセット
J-VERプロバイダー 株式会社アドバンテック
無効化 (1)-②2011年度中予定
(2)2011年3月11日