LoadStar Scheduler

ジョブ管理ソフトウェア

インフォコムホーム > ソリューション・サービスのご紹介 > 事業セグメントから探す > エンタープライズ事業 >  LoadStar Scheduler > 導入事例
  • LoadStar Top

  • 特長

  • 動作環境

  • 導入事例

  • よくある質問

【導入事例】 帝人株式会社 様

 「LoadStar Scheduler」の導入により、
コスト削減ならびにジョブ運用作業の効率化を実現!!

 帝人株式会社(以下、帝人)では、システムの導入時期によって、様々な運用ツールが導入され、その結果、技術SEやオペレーターは複数のツールを運用しなくてはならないという状況となり、運用業務が煩雑となっておりました。
またサーバ基盤の変化や高スペック化により、CPUコアライセンス費や保守費が高騰し続けるという課題を抱えておりました。
そこで帝人は、これら課題解決のために選定したジョブ管理ソフトウェアがソフトバンクテレコム製「LoadStar Scheduler」であった。以下の事例では、帝人がLoadStar Schedulerを選定するまでの経緯やどういったシステムへの適用から着手したのかなどについてご紹介致します。

【 課 題 】

  • 運用ツールが様々で、運用担当者の負担が増大
  • サーバ基盤の変化、高スペック化により、CPUコアライセンス費や保守費が高騰
  • ソフトウェア連携への不安

1.入念なシナリオ検証を経てLoadStar Schedulerを採用

 帝人では、ソフトバンクテレコム株式会社が開発したLoadStar Schedulerを導入するにあたり、既存のジョブツールが持つ機能をベースにシナリオコンセプトを作成し、機能面・操作面など全210シナリオにおよぶ製品の事前評価作業を実施。
シナリオ検証を実施した結果、LoadStar Schedulerの導入により、これまでの運用業務に大幅な支障を与えないということが明らかとなり、2014年2月に最初のターゲットとなるシステムへLoadStar Schedulerの導入が始まった。

導入ステップイメージ

事前評価期間約3ヶ月を経て、帝人株式会社へ正式採用

2.最初のターゲットは複雑なジョブ構成でないシステムへ導入

 帝人が最初にLoadStar Schedulerの導入対象としたシステムは、比較的規模が小さく、複雑なジョブ構成ではないシステムでした。

 当該システムは10台のサーバで構成されており、総CPUコア数が27コアとなるシステム規模で、本システム上で稼働するジョブ数は220ジョブと比較的小規模なものでした。

構成イメージ

3.LoadStar Schedulerの導入によりコストを大幅削減

本システムへのLoadStar Schedulerの導入により、導入コスト・保守コストを大幅に削減。

初期費用  約48%削減 (*1)
保守費用  約40%削減 (*1)(*2)
(*1)他社ジョブ管理製品との価格比(提供価格ベース)
(*2)保守費用は5年間の累計

4.今後の展開について

展開1

 本システムへの導入を皮切りに、今後帝人においては他社ジョブ管理製品を利用しているシステムを順次LoadStar Schedulerへ全面移行します。

製品 LoadStar
Scheduler
製品A 製品B 製品C 未導入
(*3)
合計
ジョブ数 220 61,000 400 1,300 5,600 68,520
(*3)windowsタスクスケジューラ、cronコマンド、自社ツールによるジョブ制御

 また既存ジョブ製品からの移行に際しては、LoadStar Schedulerが標準で提供する移行用ツールを活用し、安全かつ確実に移行することが可能。

CSVツール
展開2

 移行対象には、基幹系SAPシステムも含まれ、新たにリリースされたLoadStar Scheduler for ERPを導入することでSAPシステムへ対応します。

SAP対応イメージ
展開3

 またこれまでライセンス費用等の関係でジョブ管理製品の導入が見送られてきたシステムに対してもLoadStar Schedulerを導入し、更なる運用の効率化を実現していきます。

5.最後に

 複数の運用ツールを使用してきた帝人は、ジョブ管理製品をLoadStar Schedulerに一元化するとともに、監視ツールもオープンソースのZabbixに一元化を図っていきます。
運用ツールの一元化により、これまで煩雑であった運用業務の効率化を図っていきます。

今後について
User Profile
帝人株式会社
[大阪本社] 大阪府大阪市中央区南本町一丁目6番7号
帝人ビル
帝人ビル
[東京本社] 東京都千代田区霞が関三丁目2番1号
霞が関コモンゲート西館
[設立] 1918年6月17日
[資本金] 70,816百万円
[売上高] 7,844億円(2013年度)
[従業員数] 15,756名
(2014年3月31日現在)
テイジンは、高機能繊維・複合材料、電子材料・化成品、ヘルスケア、繊維製品・流通、ITなど事業をグローバルに展開している企業グループです。
  • (*) SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • (*) LoadStarはソフトバンク株式会社の登録商標です。
  • (*) 記載されている情報は、2015年1月現在のものです。
  • (*) 資料中の効果については帝人株式会社における効果となります。全てのケースにて同様の効果をお約束するものではありません。